« お子様連れで3 | トップページ | 受講生のご自宅でマスターの会とフォローアップ »

2009年7月28日 (火)

結果を手放す2

レイキを遠い所へ送ることを遠隔といいます。

直接ヒーリングをする時と同様、これも結果はレイキに任せます。「ああなって欲しい」という思いは純粋なレイキの邪魔になるからです。

相手を良く知っていたり、相手の事情に同情して余りある時など、つい、「治ってほしい」「上手くいってほしい」という気持ちが見え隠れします。

そして、その気持ちと結果が食い違うと、「せっかく遠隔レイキを送ったのに…」「レイキが効かなかったのでは?」とさえ思ってしまいます。

「全ての人に必要な事が必要な時に起きる」とすれば、一見、苦しく辛いことも、それに関わる全ての人にとって、大きな学びの出来事であるはずです。

でも、実際に苦しみや悲しみの真っ只中にいる方には、ただ寄り添うことしかできません。

そういう具合に揺れながらも、「全てを偉大なる存在に委ねる」というゴールに向かって、もう一度進み直す毎日です。

|

« お子様連れで3 | トップページ | 受講生のご自宅でマスターの会とフォローアップ »

ヒーリング」カテゴリの記事

レイキ」カテゴリの記事