« 更年期無気力シンドローム 田中奈保美 (主婦の友社) | トップページ | 生命の輪 »

2010年3月14日 (日)

脱いで軽くなる

人間は虫じゃないけど、時々脱皮します。

今までの価値観を脱ぎ捨てる、という大きな脱皮です。

その前はちょっとシンドいかもしれません。

これまで自分を固くガードしていたものを捨てるのに、激しく抵抗する自分がいますから。

さなぎが蝶になる前は、一見じっと動かないけど、殻の中ではどれだけの変化が起きているのでしょうか。一度どろどろに溶けていると言う人もいる位、前と後では違う形態になっていますね。

勲章をもらったビート・キタノ・タケシ氏が、「おやじからジジィに脱皮する時で、心身ともに辛かった。もう脱皮が終わったので、また楽に活動できる」というようなコメントをおっしゃっていましたtv

その時期は四季や人生の節目に、そしてそれらに全く関係なくやって来ます。

意外とたくさんの人達が「脱皮メイト」になっているのを感じます。

古い殻の役目はもう終わりました。「ありがとう」と言うだけでいいのです。脱ぎ捨てて身軽になるかどうか、選べるのはあなたです。

suntulip

ようこそ。ラクチンの世界へ。

|

« 更年期無気力シンドローム 田中奈保美 (主婦の友社) | トップページ | 生命の輪 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「生きることは、捨てること」どこかで読みました。
耐えられない苦しみから逃げることも捨てること。
聞きたくもない、嫌な言葉に対し、黙秘することも捨てること。
環境を変える事が大切でしょう。
自分の周りは、めまぐるしく変化しています。
そこで自分が変わらなければ、自分が取り残される。
常に「自分が自分らしく」現実の中にありたいものです。

投稿: エスプリ | 2010年3月14日 (日) 21時27分

エスプリさんへ

逃げる、黙る…これもまたよし。
自分が自分らしければOKですね。

投稿: FUMI | 2010年3月14日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 更年期無気力シンドローム 田中奈保美 (主婦の友社) | トップページ | 生命の輪 »