« 気持ちよさの輪 | トップページ | レイキの場 »

2010年5月25日 (火)

なんじゃもんじゃの木

人にはそれぞれ得意・不得意があると思いますが、私の数少ない(?)不得意科目は「ネーミング」です。

短くて、インパクトがあって、おまけに笑いも誘う、そして絶対忘れない名前を見ると、それを思いついた人を永遠に尊敬してしまいます。

昨日は友達に誘われて、地元の白山比咩神社へお参りに行ってきました。

雨のおかげさまで人影もほとんど無く、深い緑、生まれたばかりの緑がパラパラと濡れて光る中、荘厳で清らかな雰囲気をゆっくりと味わいました。

本殿に向かって右へ行くと、禊場があります。

そこになんとも美しい、白い花をいっぱいつけている一本の木がありました。

「ま~キレイ!」 初めて見るその花に近寄ると、名前の書いた立て札が…

な、なんとっ!それは…なんじゃもんじゃの木

それを見た瞬間から「なんじゃもんじゃ、なんじゃもんじゃ…」と念仏のように頭の中で繰り返し…

私の「ネーミングベスト10」の中で堂々第一位にラーンク・インup

名前の由来は諸説あるようです。

雪がうっすらかかったように見えます。もうそろそろ花期も終わり。来年も楽しみです。

ちなみに一位タイは㈱スギヨ様の「かにちゃいまっせ」というカニカマです。

|

« 気持ちよさの輪 | トップページ | レイキの場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気持ちよさの輪 | トップページ | レイキの場 »