« お馬さん | トップページ | なんじゃもんじゃの木2 »

2011年5月21日 (土)

最澄

「道心の中に衣食(えじき)有り、衣食の中に道心無し」

最澄(767-822)の遺誡と伝えられる一つです。

仏道を求める心さえ堅固であれば衣食は自ずから具わり、反対に衣食を追求する心からは道心は生じない、という意味だそうです

仏さまの道じゃなくてもいいのです。

自分自身が「これが好きだ」というものを求め、進んでいくと、その時に必要なものは自然と与えられるけど、「いくら儲かるのかな」という動機だけで歩み続けるのは、結構きついのです。

大切なもの、確固たるもの身につけるにはある程度の継続が必要です。継続するには「道を求める心」、つまり、「コレをやりたい」「コレが好き」「コレは楽しい」という内なる動機が必要です。

また、道の途中で「これでホンマに食べていけるのか」という迷いが出た時に、ぜひ思い出してほしい言葉でもあります。

もしもあなたが右か左かの岐路に立っているなら、どちらが自分の魂を喜ばせるのか、深く静かに尋ねてみてくださいネ~confidentnotes

その答えの方向で、間違いないと思いますよok

|

« お馬さん | トップページ | なんじゃもんじゃの木2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268523/38701201

この記事へのトラックバック一覧です: 最澄:

« お馬さん | トップページ | なんじゃもんじゃの木2 »