« かりん酒 -- Home made liqueur, Karin | トップページ | 素敵な出会い -- Handsome guy in Denmark »

2011年11月11日 (金)

天使の抱擁 -- Willow Tree by Susan Lordi

Willow_tree1

デンマークの田舎の小さなレストランで、地元の美味しい料理にホッとしたせいでしょうか、この小さな姿が目に入りました。

現代レイキ・デンマークのご好意で、お土産としていただくことになりました。

Susan Lordi という女性が Willow Tree つまり柳の木で作っているそうです。 (訂正:風にそよぐ柳のように、人の心をさそう仕草から名づけたそうです。 スーザンが彫刻用粘土で彫った原型で鋳型を作り、そこに樹脂を流し込んでから塗装したそうです。下記の website では購入できず、値段も決まっていないのでアメリカの各小売店へ問い合わせてくださいと書いてありました)

題は天使の抱擁 Angel's Embrace

子供の背中に当てられたお母さんの右手から、光が放たれているような気がします。

それは子供のハートを癒し、そして、お母さん自身のハートを癒しているように見えました。

子供の立場からすると彼女は「親」なのだけど、よく見ると、とても若い。

何も知らない若い女性、だからそれでいい。完璧な存在でなくても、それでいい。

私はいい母親ではなかった…そんな記憶を、洗い流し、光に変えてくれました。

思いもかけず、自分を癒す旅となりました。

Willow_tree2

|

« かりん酒 -- Home made liqueur, Karin | トップページ | 素敵な出会い -- Handsome guy in Denmark »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

柔らかく温かい姿

母として
妻として
嫁として
娘として、、、etc
誰の心にもあることなんでしょうね

旅は癒されますね
普段とはまた違う目線
いつも使われない
脳の深い部分まで
辿り着くことができる

移動て大事ですね

投稿: かよ | 2011年11月12日 (土) 10時22分

かよさん、コメントありがとうございます。

ひとりの人間なのに、色々な面があるものですね。

旅の途中、何も期待しない真っ白な心になった時
思いもかけない出会いや、喜びがありますね。

少し旅が好きになりそうです。
かよさんほどアグレッシブじゃないけどぉ~happy02

投稿: FUMI | 2011年11月12日 (土) 10時37分

こんにちは! Willow TreeでTwitter検索をしていて、FUMI様のブログにたどり着きました。

感性に訴えてくるすばらしい作品群ですよね。私も大好きです。

このたび、ウィローツリーの彫像を専門に扱うサイトをオープンしましたので、もし良かったら見にいらっしゃってください!

http://www.willowtree.jp/

投稿: Willow Tree | 2013年10月18日 (金) 09時32分

Willow Tree さま

まぁそうですか
日本でも販売されているのですね。
嬉しいお知らせありがとうございます。

早速覗いてみましたよヾ(*´∀`*)ノ

投稿: FUMI | 2013年10月18日 (金) 10時01分

FUMI様

さっそく、ありがとうございます!

正式に日本向けのライセンスが取得できたのが今年からなので、年末くらいからちらほらインテリアショップ等でも見かけるかもしれません。

ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: Willow Tree | 2013年10月19日 (土) 14時03分

Willow Tree さま

新しい記事に書いてみましたので
お読みください。

FUMI

投稿: FUMI | 2013年10月19日 (土) 16時37分

FUMI様

!!
ご紹介頂きありがとうございます。とても嬉しいです。早速、何人かの方にご訪問頂いたようです。

ありがとうございました。これからもがんばって紹介していきます!

投稿: Willow Tree | 2013年10月23日 (水) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268523/42969539

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の抱擁 -- Willow Tree by Susan Lordi:

« かりん酒 -- Home made liqueur, Karin | トップページ | 素敵な出会い -- Handsome guy in Denmark »