« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

CD 現代靈氣法 - 土居 裕 -- CD "Gendai Reiki Ho" in Japanese(Doi sensei's voice) and English

201111121608000

現代レイキの会が2枚組のCDを発売しました。詳しくはコチラ

毎日の技法練習や瞑想、そして交流会のメニューに。

土居先生の声に続いて英語のナレーションが入り、そのため全体の時間が約2倍になるので、ゆっくり瞑想したい時にぴったりです。

音楽は宮下富美夫、英語は奥さんのリンダさん。長野県の飯綱高原で夜を徹しての録音の後、夜明けの高原の風景を(有名料理写真家兼レイキマスターが)撮影してジャケットにしたそうです。

英訳は木内克子さん (私もちょっとだけお手伝いしました)

録音とミキシングはNPOの事務局田口さん。

つまり、ほとんど手作りです。

土居先生のサイン入りがあと数枚ありますので、ご希望の方はコチラへ「2枚組CD希望」と明記してください。 4000円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

天河神社 奈良県7 -- Tenkawa, Nara Prefecture 7

Pb203965

201111220948000

水は日本が誇る豊かな資源です。 石油や電気がないと大変不便ではありますが、どうにか生きていけます。 でも水なしでは、一日も生きていけません。

水を治める者が国を治める、と長く言われてきましたが、「治める=人間の言うことをきかせる」という驕りを捨てる時代になりました。

水と共に生きる、いえ、実は水に生かされてることを思うと、自然と謙虚な気持ちになります。

自然界の水、そして私たちの体内の水、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

天河神社 奈良県6 -- Tenkawa, Nara Prefecture 6, Flood damage

Pb203964

赤い橋は水害の後に新しくなりました。 激流の中、手前の池の金魚が奇跡的に流されなかったそうです。 

201111210716000

禊殿(みそぎでん)の周辺は地形が変わっていました。

201111210708001

半分埋まった鳥居

201111210708000

橋がダムのようになっていました。

まだ流されたままで、手付かずの民家も数多くあります。 

被害の様子と義援金のお願いはコチラです。 皆様のお心をお願いいたします。

合宿所まで(さなぴーさん)に車で送り迎えをしていただいたので、節約できた交通費を少額ですが寄付させていただきました。 ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

天河神社 奈良県5 -- Tenkawa, Nara Prefecture 5

天河神社は本殿を除き、全て台風12号の被害にあいました。

合宿の会場、参集殿の畳は2m以上浮き上がったそうです。 泥水でブヨブヨになった畳を外に出し、掃除と改修にご尽力された皆様、本当にありがとうございます。 

夕食の後の懇親会では、旧交を温めたり初対面の挨拶をしたり…深夜まで続きました。

翌日は寝不足の目をこすりながら、本殿で朝拝。 朝早くからお掃除をしてくださる方々のおかげで境内全体が清々しい空気に包まれています。

箒を持っていた方が宮司さんとは…後で知りました。

雨の日も、寒い冬の朝も、毎日毎日、清め、そして祈っている人がいるのです。

午前中は般若心経の写経、土居先生による般若心経の解説、天河神社の禰宜(ねぎ)柿坂匡孝さんのお話。 そして、本殿へ榊を奉納する正式参拝では、厳かで優しいエネルギーに包まれました。

美人の湯、天の川温泉↓に入って暖まり

201111201447000

午後からは岡野弘幹さんの瞑想ライブです。 毛布にくるまってリラックスしながら聴くなんて、初めての体験。

なんだか、小川のせせらぎが聞こえてくるわぁ~と思ったら、次の瞬間爆睡していました。

「眠ってもらえるのが一番嬉しいんです」と岡野さん。

レイキ・ヒーリングと一緒ですね。 よいエネルギーは眠いんです、本当に。

その後の漫才、いやトークでは大笑い。天河に縁のある人は本当にオモロいキャラだと感じました。

なかでも、懇親会で講談?が止まらなかった宮司さんが、最も際立っていました。

よいエネルギーはオモロい、本当ですよ。

雨があがり、夜空に天の川が見えました。 数十年ぶりに、地べたに寝転んで星を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

天河神社 奈良県4 -- Tenkawa, Nara Prefecture 4

ペンションに入りきれなかった参加者は民宿あおばに泊まりました。

ご夫婦二人だけで営業しているため、私たち8人が最大収容人数です。

食事をしながらお二人の話を聞くのがとても楽しい時間でした。ご主人の定年退職の直前に、奥様の実家である天川へ戻り、全くの素人なのに、民宿を始めたそうです。大変だけど、お金以上の喜びがあることを実感している様子でした。

201111191916000

名物オイルフォンデュ(有名料理写真家の横で激写…下手な写真でごめんなさい)

朴(ほお)の葉を乾燥させずに保存する技術を開発して、香り高い朴の葉寿司を作っていらっしゃいます。お土産に買って帰りました。美味しかったですよ♪天川名物のこんにゃくも注文すれば持って来ていただけます。

201111210853000_2

お母さんが丹精込めて育てた皇帝ダリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天河神社 奈良県3 -- Tenkawa, Nara Prefecture 3

橿原神宮駅で関西のレイキ・マスターの車に同乗させていただきましたcarhappy01ありがとう

まずは橿原神宮へご挨拶。

201111191206000

まさかのキャラがお出迎え。これが、今回の合宿の笑い初めになるとは…

昼ごはんに何気なく入った喫茶店、クロスロードのマスターは(レイキ・マスターではありませんよ)なんと「隣の人間国宝」に認定された逸材。

昔ログハウスを造っていた技術を生かし、お店の内装95%は手作り。謎のパワーストーンも飾ってあります。そして、なんと天川村出身で、数千万円の灯篭を寄付した太っ腹。(ホンマかsign02

天川の水で淹れたコーヒーはなかなかの味です。「宮司さんにヨロシクな~」と手を振って送ってくれました。

橿原神宮のすぐ横の裏路地にあるお店です。探してみてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

天河神社 奈良県2

NPO現代レイキの会主催の合宿で、明日から天河です。

今年のお正月に行ったところです。

とても静かで清らかな場所。

水害から蘇った様子も見たいですね。

では、いってきま~す
(* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

夫婦 -- Mr.&Mrs.Doi

この旅行の間、ずっとお二人と一緒でした。 苦労話もお聞きしましたが、ご夫婦共に正直で、心が広く、何より前向きな人たちだと感じました。 だから、色々あっても乗り越えてこられたのではないでしょうか。

私と夫は30年経ちました。まだまだお互いに、いえ、私の方に学ぶべきことが残っている気がします。 

モヤモヤする時、素直になれない時、それは相手のせいではなくて、私の何かが邪魔をしているからです。 そう自覚している自分を、「だいぶ成長したもんだなぁ~」と誉めるこの頃ですsmile偉いゾ、ワタシ

きっと20年後は…

さて、お楽しみですね。

写真は北海をバックにハニーを撮るダーリンcamera

Pa133717

I was with Mr. and Mrs. Doi during this whole trip.  She told me some tough stories from her marriage. But I guess honesty, broad-mindedness and, above all, positive mental attitude of both of them have kept their relationship in safe.

My husband and I have been married more than 30 years. I sometimes feel unclearness inside me.   I know it's not him but me who must learn something from it.  At least I'm aware of it.  You are great, FUMI!!

What would happen in next 20 years?

Please stay tuned!

You can see the lovely couple by the North Sea, in Denmark.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

素敵な出会い -- Handsome guy in Denmark

Pa163836

早朝コペンハーゲン空港まで送ってもらう途中に、(トイレに行きたくなって)立ち寄った教会で、ハンサムな人に出会いました。

Pa163833

キリストです。

はりつけ寸前のやせ衰えた姿ではなく、ご覧のように豊かな体型と表情です。

彼とその前の天使の像から、何とも言えず暖かなエネルギーが放たれていました。

ヨーロッパの建造物は、隅々まで石でできているので、時に冷たくて硬い感じがすることがありますが、ここはまるで正反対の、穏やかな空気に満ちています。不思議なことに本当にホンワカと柔らかい気持ちになりました。

きっと彼に呼ばれたのだと思います。今度は、もうちょっとロマンチックな手を使って呼んでちょーだいね~

写真左端の Trille が毎月トーニング(toning) というヴォイス・ヒーリングをしている場所だそうです。

聖母教会のHPはコチラ 北欧好きの方のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

天使の抱擁 -- Willow Tree by Susan Lordi

Willow_tree1

デンマークの田舎の小さなレストランで、地元の美味しい料理にホッとしたせいでしょうか、この小さな姿が目に入りました。

現代レイキ・デンマークのご好意で、お土産としていただくことになりました。

Susan Lordi という女性が Willow Tree つまり柳の木で作っているそうです。 (訂正:風にそよぐ柳のように、人の心をさそう仕草から名づけたそうです。 スーザンが彫刻用粘土で彫った原型で鋳型を作り、そこに樹脂を流し込んでから塗装したそうです。下記の website では購入できず、値段も決まっていないのでアメリカの各小売店へ問い合わせてくださいと書いてありました)

題は天使の抱擁 Angel's Embrace

子供の背中に当てられたお母さんの右手から、光が放たれているような気がします。

それは子供のハートを癒し、そして、お母さん自身のハートを癒しているように見えました。

子供の立場からすると彼女は「親」なのだけど、よく見ると、とても若い。

何も知らない若い女性、だからそれでいい。完璧な存在でなくても、それでいい。

私はいい母親ではなかった…そんな記憶を、洗い流し、光に変えてくれました。

思いもかけず、自分を癒す旅となりました。

Willow_tree2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

かりん酒 -- Home made liqueur, Karin

201111100913001_2

種入り(左)と種抜き(右)の2種類を作ってみました。

喉にいいんですよ。声を使って仕事をしている方にお勧めです。

毎日少しずつ飲むと、喉からの風邪の予防になります。

夜中に咳で目が覚める時も、ひと口飲むと楽になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

かりんジャム -- Home made jam

かりんが手に入ったので、今年はジャムに挑戦。レシピはネットで調べました。材料はすべて適当。

Photo

皮と種をひたひたの水で煮てから、皮と種を取り除く。

Photo_2

エキスのいっぱいつまったお湯の中へ砂糖と薄切りにした果肉を入れる。

Photo_3

ぐつぐつと煮る。

部屋中に甘酸っぱい匂いが立ちこめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

デンマーク交流会--Koryu-kai in Denmark

私達は最終日に顔を出しました。土居先生の挨拶、震災時に祈りを送っていただいたお礼、光の祈りと瞑想、そしてNPO現代レイキの会が作成したDVD(来年3月のイベントの案内)を上映しました。

皆さんもYoutubeで見られますよ。

Pa113629

背中に「現代霊気法」と漢字で書いたTシャツをプレゼントされました。土居先生とおそろい…

Pa113630

さすが40人以上で宇宙平安の祈り(Prayer for Universal Peace)をすると、素晴らしいエネルギーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

海外セミナー -- Doi sensei's seminar in Denmark

海外旅行が苦手な土居先生ですが、レイキの導きにより、世界中のひとたちとの絆が広がっています。

Pa163825

今回は海外で初めてパワー・ポイント(英語)を使い、「大変分かりやすかった」と大好評。

ヨーロッパ研鑽会とマスター特別セミナーを企画したトリリーの家で、(通訳の時間を考えて)3日間。申橋さん、英語&スペイン語の通訳ご苦労様。

デンマーク・スペイン・フランス・イギリス・パナマの人たち、そしてドイツとオランダ在住の日本人の方が、朝10時から夜7時まで、本当に熱心に受講していました。

質疑応答も活発でした。それぞれの国に帰って、現代レイキをきちんと伝えようという意気込みが伝わってきます。 フランスのClaraは、現代レイキの会の国際イベントが延期になったにもかかわらず、今年4月に来日し、セミナーを受けた人です。「何回受けてもすばらしい」と、目がハートになっていましたlovely

最初は緊張気味の参加者も、終わる頃には皆素敵な笑顔です。(時々笑わせた私の功績も大きい??)happy02

Pa153778_2

認定証を受けとって、ハイタッチするスペインのマスター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »