« 自己ヒーリングを続ける | トップページ | 覚悟 »

2012年1月13日 (金)

わたし、待つわ

子供が歩き始めた時、両手を広げて「こっち、こっち」と待っていました。

ほんの数歩の前進を待っていれば、子供は満面の笑みで、必ず私の腕の中に飛び込んできました。

いつになったら、こうやって見ていなくても、さっさと歩くようになるのだろう。遥か未来に思えたその時は、あっという間にやってきて、とっくに過去の話になっていました。

それからです。親はもう一度待つのです。

今度は彼らが人生を歩き始めるのを。

その時は、けして「こっち、こっち」と指示してはいけません。

彼らの行く道が「どっちなのか」私たちにはとうてい判断できないからです。

彼らは満面の笑みなんか見せてくれません。

私たちの腕をふりきって、どこかへ行ってしまうかもしれません。

あの時はせいぜい数分待っていればよかったのに、今回は数年、下手すれば10年も20年も待つことになるかもしれません。

時に嘆き、時にあきらめ、それは永遠に続くようにも思えます。

そんな自分の弱さと対峙するのが、親としての最後の修行なのでしょうか。

自分を成長させる教材は本当に身近にあるのです。

待つわ、いつまでも待つわ♪なんて懐メロ?を口ずさむこの頃です。

|

« 自己ヒーリングを続ける | トップページ | 覚悟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268523/43481335

この記事へのトラックバック一覧です: わたし、待つわ:

« 自己ヒーリングを続ける | トップページ | 覚悟 »