« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

満月に

ドリームプラン・プレゼンテーション、略してドリプラ金沢に行ってきました。

8人の方がそれぞれの夢を、映像と音楽に合わせて発表するのです。

どのプレゼンターもそれぞれ個性的で、何をしたいかは全く別々です。

もう既にその道を歩み始めている人も、具体的には何も決まっていない人もいます。

でも、自分が本当に好きなこと、望むことが大きなエンジンになっています。

そして、それに共感してくれる人(応援者)が増えてくると

何か目に見えない力が加速度的に後押ししてくれるようです。

人は「より上を目指すようにデザインされている」そうですが、

「心を動かされた相手を応援したくなる」というようにもできているのですね。

応援した人も応援された人も、夢の実現に向かって一緒に進みだす…

出会いの素晴らしさを感じました。

そして、私の夢ってなんだろう…もう一度考えていました。

雨の中rainお腹をすかせて、てんてんさんの満月の宴へ突入。

月のお話の後は、自力整体で体がゆるゆるに。

こころづくしのお料理をいただきながら、参加者のひとこと。

引き寄せられるような偶然の出会いや

見つめあい、触れ合うだけで満足の関係や(お、女同士ですよsweat01

人と人っていいなぁ、なんてニヤニヤしながら

帰る頃には台風も通り過ぎてfullmoon満月が。

月光に守られるように帰宅しました。

あ~あ、なんだか素敵な一日でした。

みなさま、よい夢を。オヤスミナサイconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

レベル4再セミナーの報告

201209161502000_2

今日は金沢市内でレベル4の再セミナーでした。

清らかな心を持ったbleahマスター4人が集まると、さすがに心地よい空間です。

主にレベル3を中心に

「安全で効果的なヒーリングをするには」

「現代レイキのレベル3は何をめざすか」

「その実践法のヒント」

「ヒーリングでのトレーニングが如何に日常で生きてくるか」

「ヒーラーの役割」

「血液交換法」

「波動呼吸法と脊髄浄化息吹法」

ヒーリングの経験を積んだ方ばかりだったので

「基本12ポジションのアレンジ」や「チャクラヒーリング」を

参考として紹介し、体験してもらいました。

(大切なポイントをきちんとおさえていれば

あとは自由なところがレイキ・ヒーリングの楽しさです。)

こう書き連ねると、ものすごーく勉強したようにみえるけど

実は上の写真を見てもお分かりのように(テキストよりもおやつに焦点が)

松茸ご飯、ポテトサラダ、ドーナッツ、コーヒー、梨、飴…

食べすぎですcoldsweats01

もちろん食べながらおしゃべりが止まりませんhappy02

そして最初から最後までなぜか眠いのですsleepy

最後にレイキ回しをして、ますます眠くなりました。

こうやって楽しい波動を体で感じて、

それぞれの持ち場に帰って、そのまま発振していきましょう。

なんにもない一日、普通の日常で、無意識のまま

光を広げる人になりたい…そしてそんな人を増やしたい。

密かな計画↑が進行中shadowsmile

時間はかかっても、方向さえ合っていれば

とても楽しい結果になります。

いえ、カタツムリのような歩みそのものが楽しいのでsnail.....notes

毎日が幸せな私ですconfidentありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

頭の上のカオス 2

前回より

さて、今回の帰省では押入れの上の天袋をオープンcoldsweats01

ノシがついたままの沢山の箱は埃だらけ。

頂き物のタオル、バスタオルそしてシーツがそれぞれ10枚。

お隣のお嬢さん(現在28歳)が生まれた時の内祝いも発見。

5月に母が緊急入院したとき、新しいバスタオルを家中捜索したけど見つからず、ずいぶんくたびれたものを病室の母に渡したのです。

あ~あ、こんな所にこんなに沢山あったなんて…。

重くて旅行には持っていけない革のカバン3つ(そもそも彼らに旅行は無理)

ひとつひとつ立派な箱に入れたオーダーメイドのスーツやオーバー(クリーニング済)をゴミ袋に2つ。

母「(40年以上前に)東京でオーダーしたの。高かったのよぉ~」

そうでしょうとも、とっても重い生地ですわ。

「あ、そのスカートはエプロン替わりにズボンの上からはくから捨てないで」

…サイズ合いませんけど?

32年前の引越し以来、ずーっと押し込められたままだった物たちにサヨウナラ。

もうここには何も入れないように、と釘をさすと

「うん、自分で入れたり出したりできないし」と珍しく素直でした。

古いエネルギーをかき回し、頭の中の思い出に光が当たったせいでしょうか

「なんだか疲れた」と母。

若いときは忙しく、年をとれば体力が落ち

自分の頭の上に何があるのか、思い出すことも開けてみることもできません。

そして「今」「毎日」必要なものは、使うたびに足元の山をひっくり返さないと出てきません。

その日は偶然にも古紙回収日でした (v^ー゜)ラッキー

汗だくになって空き箱を紐で結び、集積所まで何度も往復する私に

「大変やね」「天袋を開けるのは恐怖やな」「うちも今のうちにやらなアカン」と近所のみなさん。

子供にはなるべく迷惑をかけたくない…どの世代の親たちも思いは同じハズですが

自分が押し込めてきたものを白日の下に曝すのは、ついつい先送りになってしまいます。

さて、我が身を振り返ってみると、私と夫はどうなるのでしょう。

う…、か、かなり迷惑かも (;´д`)トホホ…すまぬ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

頭の上のカオス 1

実家の父は92歳、母は今日で85歳になりました。

動作が不自由な父のベッドの横には、古いタンスがふたつありますが

父の洋服は押入れの前にぶら下げたり、床の籠に入れたり

着替えのたびに、何がどこにあるか分からない父と

いちいち手伝っている母が喧嘩をしていました。

前回の帰省時にこの開かずの扉banを思い切ってオープンhappy02

長ーーーいこと着ていない母の服をゴミ袋に3つ以上廃棄しました。

おまけに、兄と私の通知表(40年以上経過)sign01父の給料明細(50年以上)sign03

母が女学校で提出した作品(60年以上)まで発掘sign03sign03

もう着ない着物…(というか、母が着物を着たのを見たのは1~2回)は

「もったいない」(母談)のでそのままにshockエーっ

空いた引き出しに、父が「今」着ている下着、靴下、洋服を入れ

ベッドに座ったまま自分で選べるようになりました。

それから食器棚から大量の急須と湯のみを捨て

トースターとパン、朝食用の食器、コーヒーの粉を並べて

父がいすに座ったままトーストを焼けるようにしました。

「これで俺が自分でできるな」とちょっと嬉しそう。

母も朝ゆっくりできます。

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

いってきます3

土日は神戸市芦屋の土居先生のセミナーの再受講(レベル1~4)へ行ってきますpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

私だって誉められたい

急に色んなことあって、その場で対処して、結局は事なきを得て。

夜になってから、実は今日コレコレこんなことがありました、と明るく告げたら

軽く受け流されました。実に軽く。

久しぶりに?プチンときた私は、2秒ほどの沈黙の後(←これがコワイ)

「あなたはその場にいなかったから、事後報告を聞くだけで安心だね。

でも何も無かったんじゃないのよ。いっぱいあって、どうすればいいか困って、色々試して、やっと上手くいったんだから。」

夫、沈黙。 → 私、怒り止まらず。

「んんじゃぁ、この次、同じことがあったら誰が対処するのsign01」=ほぼ恫喝pout

「僕」…って、答えるしかない問いつめ方で、みごとに「僕」と答えさせました。

………………

なんでこんなことでプチンとくるんだろー。

色々試したり工夫したりは嫌いじゃないし

そんなに負担になるほど頑張ったわけでもないのに。

でも、確かに凄く嫌でした、軽く流されるのが。

どんなリアクションだったら嬉しかったのだろー。

「ありがとう」「大変だったね」「助かるよ」「凄いね」

多分そんなふうに、感謝されたり、喜ばれたり、労ってもらったり、

私がしたこと、私がいることを見て欲しかったのでしょう。

そして「あの時一人で頑張って寂しかった、あなたに側にいてほしかった」という

「とうに忘れてしまったはずの過去」とリンクしていたのかもしれません。

ハートの中の悲しさを素直に表現して

静かに手放していきたいと思いますsandclockconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »