« ロシアから愛をこめて | トップページ | いってきます3 »

2012年9月 2日 (日)

私だって誉められたい

急に色んなことあって、その場で対処して、結局は事なきを得て。

夜になってから、実は今日コレコレこんなことがありました、と明るく告げたら

軽く受け流されました。実に軽く。

久しぶりに?プチンときた私は、2秒ほどの沈黙の後(←これがコワイ)

「あなたはその場にいなかったから、事後報告を聞くだけで安心だね。

でも何も無かったんじゃないのよ。いっぱいあって、どうすればいいか困って、色々試して、やっと上手くいったんだから。」

夫、沈黙。 → 私、怒り止まらず。

「んんじゃぁ、この次、同じことがあったら誰が対処するのsign01」=ほぼ恫喝pout

「僕」…って、答えるしかない問いつめ方で、みごとに「僕」と答えさせました。

………………

なんでこんなことでプチンとくるんだろー。

色々試したり工夫したりは嫌いじゃないし

そんなに負担になるほど頑張ったわけでもないのに。

でも、確かに凄く嫌でした、軽く流されるのが。

どんなリアクションだったら嬉しかったのだろー。

「ありがとう」「大変だったね」「助かるよ」「凄いね」

多分そんなふうに、感謝されたり、喜ばれたり、労ってもらったり、

私がしたこと、私がいることを見て欲しかったのでしょう。

そして「あの時一人で頑張って寂しかった、あなたに側にいてほしかった」という

「とうに忘れてしまったはずの過去」とリンクしていたのかもしれません。

ハートの中の悲しさを素直に表現して

静かに手放していきたいと思いますsandclockconfident

|

« ロシアから愛をこめて | トップページ | いってきます3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人は誰しも他者に評価されたいし共感もして欲しい。
だからネットで日々のあれこれを画像にとってみんなに
みてもらいたい・・・自然な感情ですよね~。

家族にはなかなか感謝や共感の言葉などなかなか口には
できないのですが、僕もほめ上手、感謝上手になれるように心がけます。

投稿: おんだ | 2012年9月 2日 (日) 13時37分

おんださん

ああ、そうかぁ。
色々画像を流すのは、そういうことなんですね~。

一番近い人に、ひとこと共感の言葉を言ってもらえると、それで満足するのかも

ってことは、自分も家族に言わなきゃねー


「早朝から夕方まで一日中釣りってfishどぉゆーことっ」
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! と叫ばずに

おかえり、アナタ、雨で大変だったわねwink

って言えるでしょうか(^-^;

投稿: FUMI | 2012年9月 2日 (日) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268523/46920733

この記事へのトラックバック一覧です: 私だって誉められたい:

« ロシアから愛をこめて | トップページ | いってきます3 »