« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

節目

何かが変わる時期を節目とよぶなら

私にとって今日はその時

新しい年齢を迎える、たんじょうび

そして一年が終わる時

明日から始まる新しい時間枠は

どんなものになるのでしょう

段々と、時の流れが一直線じゃなくなって

色んな境目が曖昧になっていますが

しっかり地球に足を差し込んで

目の前のことに心を込めていきたいと思います

来年もどうぞよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつかどこかで5

P81718822_5

前回より

私は白髪で背の高い上品な女性になっていました。

王が亡くなった後、国政から退いて

平和な日々を過ごしたようです。

もう二度と人を愛さない、と誓ったこともありましたが

その後、広い心で多くの人たちを愛し、愛された人生でした。

あらゆる生き物が天国への道を祝福してくれています。

砂浜に座っているひとりの老人に気づきました。

彼には右腕がありません。 

その瞳は間違いなくかつての恋人のものでした。

腕を失いながらも、彼は生き延びていたのです。

あの時彼は、私との関係に怖れをなして、逃げていったのでした。 

私自身も、自由への憧れを恋と勘違いしていたのかもしれません。

お互いに穏やかに年月を重ね

見つめ合うだけで全てを理解しました。

私は身につけていた装飾品を彼に渡しringcrown

それを人々と分け合うように言いました。

海の上に、光り輝く階段が見えます。

太陽がキラキラと輝き

私は光に向ってゆっくり歩み始めましたsunshine

… … … … … … … … 

    … … … … … … … …

実る恋もあれば、実らない恋もありますheart03

そう、人生では「一見うまくいかないこと」が起こるんです。

それを糧にして、こんなふうに歳をとりたい…

うんにゃ

もう一回ぐらい、恋をしてもよかったのかなぁhappy02heart02エヘヘ

関連記事 前世で…2 いつかどこかで1   

冬休みの物語 いつかどこかで4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

いつかどこかで4

エジプトか中東の国のようでした。

深い森の中を、私は走っていました。

城を抜け出し、必死に恋人を追いかけていましたが

緑の壁に阻まれて前に進めません。

とうとう、彼は私を振り切って行ってしまいました。

身分の違いから許されない恋。

でも、私はどうしても城の外に出たかったのです。

彼ならそれを叶えてくれるはずでした。

家来に連れ戻された私は

父である国王の前に立たされていました。

私の前に、切り取られた男の右腕が差し出されました。

血に染まった手首には私が与えた金の腕輪が…。

勝ち誇ったような王の顔。

それを見て気がつきました。 

王は私の父ではなく、歳の離れた夫だったのです。

私が恋をすること、私が自由になること…

それは彼にとって屈辱でした。

私が嘆き悲しむのを待っている夫。 

ここで泣いては私の負けです。

殺された彼とは何の関係もなかった

彼の死を知っても何も悲しくない

そう振舞うために、私は泣きませんでした。

そして、誓ったのです…もう二度と人を愛さないと。

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

その後はどのような人生を送ったのかを知りたくて

自分が死ぬ場面を見てみました。

次回へ続く

関連記事 前世で…2 いつかどこかで1 

いつかどこかで2 いつかどこかで3  冬休みの物語

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

冬休みの物語

外は雪

おはなしを語ったり、耳を傾けたりするのに

ちょうどよい季節ですね。

前回の「いつかどこかで」から一年以上経ったので

今年も皆様の退屈しのぎに

ちょっとおはなしタイムをとります。

2話完結です。おたのしみに

Pa163836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

贈り物

何年か前から時々ヒーリングに来てくださるお嬢様が

最近とっても自分らしくなられました。

誰にも会いたくない、少し動いただけで疲れる…

あの頃はそんな感じだったねぇ~

なんて二人で思い出して笑っていました。

私にも覚えのある辛さでした。

お互い、よくここまで来たね

あれが最低だったから、今はこうやって動けるだけで有難いね

おまけにもらった人生だねえ…しみじみ(ノ∀`)

さて今日は、今まさに闘病中の方に

ヒーリングをさせていただきました。

元気いっぱいの毎日から、突然の告知

病のおかげで、初めて自分自身を振り返ることができた

自分が本当に望むこと、自分を慈しむことをしよう

うん、これも分かる分かる…しみじみ×2

不安な時期のはずなのに、彼女の笑顔は美しく

声は天使のように澄み切っていました。

辛さから身を守るためにうずくまる人の

その胸と膝の間に、ほんのわずかな真実の光が漏れ出るとき

私はなぜか感動してしまいます。

そしてその光に立ち会える人生が与えられたことに

深く感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

よろこび

心や体の傷みすら、何かを続ける動機付けになる

書きましたが…

忘れちゃいけません、もっと強いものがあることを。

それは「よろこび」です。

人に見せて満足する

人から褒められていい気になる

人と比べて安心する

その程度のよろこびは長続きしません。

でも、自分の中から湧き上がるよろこびは、

魂の底に深く静かに横たわる輝きは

ごまかすことはできません。

迷ったら、それに尋ねてください。

私はそちらに向かって進んでいますか、と。

何も迷わない、何も考えない

それは、そちらに向かっている証拠。

日本では「よろこびの歌」が盛んに歌われる季節ですね。

みなさまの心が安らかでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

症状

自分に都合の悪い体の状態を症状といいます。

痛み、発疹、熱、吐き気

この痛みさえなければ、私はどんなに楽だろう。

自分に都合の悪い状況を不幸とか嫌な出来事と感じます。

辛い、苦しい、落ち着かない

これがなければ、どんなに嬉しいか。

自分に都合の悪い相手を邪魔者とよびます。

あいつさえいなければ、私は…shadow

症状や、嫌なことや、邪魔者たち

私にもあります、起きます、そして、いらっしゃいます。

いつもピチピチキャピキャピギャルってわけじゃないのよ~
(//∇//)アハハ

実はこの都合の悪い相手は

自分の中の不要なものを出すきっかけであることが多いのです。

食べ物、毒素、過去のエネルギー、思い込みなど

その痛みを出口にして、自分の体から出て行くことがあります。

痛みのあまり緊張すると出口がふさがります。

リラックスしてエネルギーの流れを感じてください。

体から出ていくものは要らないもの。

いつ、なぜ、どうして?とストーリーを付け加えず

ただ感じるためには、ゆるゆるになるのが一番です。

ゆるゆるになって、体の中で柔らかく巡るあなたの命を感じてください。

そうするために、レイキの場を一度試してみませんか。

TOP PAGE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

通訳5

無事に土居先生のセミナー通訳が終わりました。

東京~伊勢~大阪~東京~京都~東京の強行スケジュールも

なんのその、タチアナはスマホ、タブレット、WiHiを駆使し

スカイプでロシアやアメリカの生徒を紹介してくれました。

スカイプと気づかず、電話に耳を当てた私を笑ってください(^-^;

201312081221000 ロシアのスマホはこんな感じ

私は年代物の電子辞書とガラパゴス携帯( ;∀;)とほほ

ギリギリまで準備した虎の巻を持って、なんとか二日間

(+前日の打ち合わせも)しゃべり続けました。

以前は疲れやすく扁桃腺が弱かったのにね。

この準備と本番中は、なぜか老眼が治っていました。

穏やかな心で使命を果たすとき、なぜか大きな力に助けられる

「安心立命」にちょっぴり近づいた??\(^o^)/

家族や実践者の皆様の暖かい応援に感謝します。

一人ではとても成し得ないことですから。

会場のエネルギーもマックスでした。

細やかな何かがしゅわしゅわしゅわ~っと体を駆け抜け

帰宅してからも、その感覚が続いていました。

さすがにホッとしたのか、帰りの電車では爆睡して乗り越してしまい

今日は食後にコタツで大いびきをかいていたようです( ̄▽ ̄;)

201312081155000

会場準備やテキスト販売なども自分でされる先生の後ろ姿(右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

交流会でのリラックスを日常に

201312011611000

午前中は恒例のついたちヒーリング。

なぜかお二人とも男性でした。

現代レイキ実践者が一緒にヒーラーとして参加してくれました。

3人の美女に囲まれて、緊張?

いえいえ、すぐにスヤスヤ、グーグー (-_-)゜zzz…

ヒーラーもまったりとリラックス (*^。^*)

しらやまさんでのお食事会はなぜか

K-popと某有名芸能人の話題で盛り上がり

参道では午後からの交流会の参加者さんたちと遭遇しました。

レイキ交流会はホントに穏やかで癒されました。

みんなの顔を見ればどれだけユルユルか分かります。

差し入れのお菓子やコーヒーにテンションアップです(≧∇≦)

日頃から自己ヒーリングで自分を癒し、技法で浄化し

そのうえで、人とのよいエネルギー交換の場に参加すると

相乗効果があります。

さあ、この気持ちよさを是非日常で生かしてください。

普通の人が、当たり前の場面で、さりげなくレイキを

生かしてくれるよう、これからも活動していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »