« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

六根清浄(と緒形拳)

実家の父の本棚に楢山節考という本がありました。

貧しい農村で、口減らしのために

母親を山へ捨てに行く男の話ですが

詳しいことはあまり覚えていません。

ただ人々が繰り返し唱える「六根清浄」という言葉が

意味もわからないまま、頭に残っていました。

それが映画化されたので観に行きました。

理由は、主演が緒形拳だったからlovely

「やっぱり拳さんは可愛いなぁ」ぐらいの印象で

その他は…やっぱり覚えていません (;´д`)トホホ…

ところがsign01

何年か前、現代レイキの合宿で

土居先生がこの六根清浄の祝詞の解説をしてくださいました。

六根とは目・耳・鼻・口・身と意(こころ)の六つの感覚器官。

どんなに汚れた情報を六根を通して受け取ったとしても、

それを自分の最も奥深いところまで取り込んではいけない。

なぜならそこは自分の内なる神性が宿る場所だから。

そこが清く清ければ、自分=神となり

自分(神)が願うことが叶わぬはずがない(きっぱり)

というようなお話でした。

嫌な奴が発した嫌な言葉を耳で聞いて

「あの野郎(失礼)許さんぞ、今に見ておれ」ムラムラpout

なんて怒り恨みの炎をもやし続けると

自分の一番大切な部分を汚してしまいます。

イコール、神を冒涜することになります。

ちょいとばかりムカっとしても、スルーして

自分の大切な部分(神)を守ります。

これがどうやら六根清浄ってことらしいです。

常に六根をきれいにすれば

なんと、ドリームカムトルゥーsign03

ああ、なんてシンプルな教え

全ては自己責任

誰かの、何かの、先祖の、前世の、世の中のせいにせず

大切なものを自分で清める合言葉だったんですねぇconfident

そしてこれが「どっこいしょ」の語源だとか

「なんでこんなことに」 「しまった」 「あらどうしよう」coldsweats02

な~んて、チラッとでも思った時は

「どっこいしょ」と掛け声かけて

大切な大切な宝物をshinecrownshine

きれいなままにしておこうっとscissorsnote

続きを読む "六根清浄(と緒形拳)"

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

使命

先週は土居先生のセミナーを受けてきました。

光の祈りと瞑想でアチューメントが始まると

偉大なるエネルギーが降りてきて

包み込まれていきます。

何故か首や腰がグルグル回りだす私typhoon

時には深々とお辞儀をすることも。

その理由は…

実はね、理由なんてどうでもいいのデス。

気持ちよければ

♫これでいいのだぁ~♫

大宇宙の愛を前にして、人間の稚拙な理屈は消え去り

究極のリラックスタイムのはじまりです。

「自分の使命は何か、と探しに出る人がいますが

わざわざ探さなくても、

本当の使命は自然と目の前に現れます」

最近感じていたことをズバっと言葉にしていただきました。

しっかり受け取りましたよ、先生。

台風でJRが運休になったのをいいことに

実家にもう一泊して介護疲れの母のヒーリング。

翌日早めに帰宅した途端に

作業中に怪我をした夫から電話が入りましたmobilephone

いいタイミングでお役目がやってきます。

皆様のおかげさまで大事には至らず
ミンナ アリガトー(*゚▽゚)ノheart04

彼にとっても、よい浄化期間になりそうです。

私は一流のヒーラーなので

痛みを取ろうなんて思いませんよ、ひっひっひshadow
こ、コワイ (lll゚Д゚)

来月はオーストラリアのマスターの為に通訳です。

それぞれの瞬間、出会い、使命を大切にしながら

自分の心を穏やかに保っていきたいものです。

20141011_091620_2

セミナー中、芦屋でもお祭りでしたnotes

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

秋祭り2014年

20141005_123358

今年もほうらい祭りがやってきました。

今年は娘のサポートがなかったのですが

上手に手を抜きつつ、その時々を楽しんでいる自分が

嬉しい二日間でした。

「適当に」「手を抜く」「人に助けてもらう」というのは

脳にとって高等テクニックなんです。

詳しくは以下の記事を参照してくださいね。

料理は脳を使います5 料理は脳を使います4

  • 料理は頭を使います3 料理は脳を使います2
  • 料理は脳を使います1
  • 過去の記事 を開いてみたら、
  • 私ってば毎年10月にお祭りのことを書いてるじゃありませんか。
  • 意外と祭り好きだったんですね。
  • 今年はわざわざ金沢から友人二人が
  • 送り獅子と還御祭を見に来てくれました。
  • 町内の造り物を担ぐために
  • 町外・市外の若者が大勢参加してくれます。
  • いきなり知らない人が泊まりに来てくれるのも嬉しいサプライズ。
  • 初めまして(=゜ω゜)ノ からの、おやすみなさい o(_ _)oペコッ
  • 20141005_22420911

    お祓いしながら街中を回ったお神輿が

    無事に戻ってお祭り終了。

    神様って地元民のすぐ近くにいるもんだねぇ。

    さて今日も明日も洗濯とアイロンがけ。

    お片付けが終わるまでがお祭りです

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年10月 1日 (水)

    浄化

    レイキで自分や他の人をヒーリングすると

    エネルギーの循環がよくなります。

    詰まり気味だった水道管にきれいな水を大量に流すと、

    汚れがとれて流れがスムーズになるようなものです。

    悪いエネルギーを持っているとか

    いいエネルギーを持っているとか…というよりも

    流れがいいか悪いかが大事だと思います。

    きれいな水も溜まると腐ります。

    溜め込まずに入れたら出しましょう。

    (もちろん人様に迷惑をかけない方法で)

    ネガティブな感情は、本来自分にとって不要なものなので

    大量のよいエネルギーが流れ込むと

    その勢いで外に出ていきます。

    格好よく言うと、これが「浄化」です。

    比較的新しいもの、軽いものだと割合スムーズに。

    古い(お馴染みの)感情は、「こんなん出ましたでぇ」と

    姿をみせてから流れ出ていくことがあります。

    私はこれを「最後のご挨拶」と呼んでいます。

    「長い間、お世話になりました、ホナさいなら」

    てな感じでしょうか。

    「ぎゃっ、こんな奴と一緒に暮らしてたんかいっ!」

    疫病神のような同棲相手が去って行く後ろ姿を見送りながら

    自分のアホさ加減に嫌気がさすこともあります(経験はありませんよ)

    これを格好よく言うと好転反応(ホンマか?)

    しばらくグッタリしたり、自分にゲッソリしたりしますが

    本来は不要だった相手が出て行っただけなので

    段々とすっきりしてきます。

    「最低な相手でも、孤独を癒してくれるならそれでいい」

    呼び戻したりしなければ(け、経験はありませんよ、はい)

    余計なお荷物が減ったので、以前よりも身軽になって

    ぐっといい女に、勿論いい男にも、なっています。

    ヒーリングを受けて、ちょっぴり辛いことを思い出したり

    悲しくて涙が出たり、夕日に向かってバカヤローと叫んだり

    いつもの自分と違っても、そのままでいてください。

    それでいいのです。

    今日はヒーリングをした後で、空と雲と山の美しさ

    人生の素晴らしさに涙が止まりませんでした。

    ヒーラーにも浄化が起こります。

    だから、レイキって大好きです。

    |

    « 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »