« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

マスターの会 7

猛烈な雨の中、現代レイキのマスターが集まりました。

アルゼンチンのマスターが作ってくれたシンギングボールのCDで光の祈りと瞑想をして、場を整えたあと、瞑想中に何を考えているかという話から始めました。

瞑想中に素晴らしい体験をすることイコール悟り、という印象があります。 さて、そうでしょうか?

瞑想中に不思議な現象が見えたり、観音さまが降りてきたり…は、実は要注意ということもあります。(天外さんも書いています

「次から次と雑念が出てくる」で結構毛だらけ猫灰だらけ(古いゾ)。ひとつひとつの雑念に囚われさえしなければ、最初の雑念、次の雑念と、文字通り「次から次へ」と移ります。

それでいいのです。

無になろうと集中すると、緊張してリラックスから遠ざかります。

「まあ、この雑念、あら次の雑念」と「観て」くださいそして「楽しんで」ください。

ヒーリング中もそうです。「あら、こんな感覚、おやこんな感覚」と、ただ感じるだけ。

その癖ができると、日常でも「あら、こんな私。きゃっ、こんな私」と色んな場面の色んな自分を観るのが簡単になります。

じつはレベル3のテキストに、自分を観察することが書かれています。

レベル4のテキストにもね。

「忘れていました!」と嬉しい感想。そうです、忘れていることを思い出すためにこの会があるので、それでこそ、マスターの会を開いた意味があるわけです。

ありがとう。

さすがマスターばかり、霊授の交換では、エネルギーがしゅわしゅわしゅわで、全員がお風呂上りの顔になっていました。

各ポジション1分で頭からつま先までのヒーリング交換。宇宙平安の祈りとレイキ回し。途中でお菓子とコーヒー、おしゃべりなど、本当に濃い時間でした。

それぞれの日常に帰って、それぞれの業を励んでください。

ヒーリングルーム幸さん いつも会場の提供ありがとうございます。

前回の様子はコチラです

20150507_0803471

TOP PAGE

バックナンバー

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

母と娘

スペインから戻った翌朝、母親から具合が悪いと連絡があり、サンダーバードに飛び乗って、大阪へ。

数年前に、母は腸を壊して数日入院したことがありました。その時の医者の処置は、「絶食+点滴で水分補給」だけで何の治療もありませんでした。

今回は入院するよりも、体全体を休ませる方がよいだろうと判断し、流動食を少量食べさせながら、じっと寝ているよう指示

…するまでもなく…、最初の二日間はグーグーと寝続けていました。「私って疲れていたのねぇ」と、本人もびっくり。

一時間のヒーリングを朝昼晩と三回。最初はエネルギーが流れにくく、反応が鈍かったのですが、三日目にようやく本来の母らしい感じになりました。

腰に手を当てると、腰から下がグァン、グァンと激しく揺れます。こんな風に人体が動くのを見たことがないので、ふたりで笑ってしまいました。

母も私も、胃腸が音をたて、大きなあくびの大連発。ヒーラーとヒーリーが同じ反応をすることは時々ありますが、やはり母娘なのか、その確立高し~。

ついでに家のお片づけ-賞味期限切れ食品と不用品を廃棄。

「そんじゃぁ、元気になったようだし、帰るね。落ち着いたら、ちゃんと胃腸の専門医に診てもらうのよ」と言うと、なんと突然の「さびしい、さびしい」攻撃が!

(やっぱりそれが原因だね、分かってたけどさ。私、あっちでもやることイッパイあるんだよ、もう行かなきゃ)と、振り切って出て行くことができません。

(ああ、もう、ズルイよね。 何だよ今更。さびしいって。女でも一人で生きて行けるくらい働かなきゃ、が口癖で、他のお母さんは遊んでるけど、私は違う、が口癖で…。

私だってさびしかったんだよ。でも、言えなかったんだよ!今になって自分だけ言うって、何だよ)と、この状態の母に向かってぶちまけるのは、タイミングが悪すぎる。

思わず二階に駆け上がって、こらえました。そして、こらえきれずに泣きました。

まだこんな感情を心の奥に隠していたのですね、私。

「おしっこしてくる」という母の後ろ姿も泣いていました。

mobilephoneもう一晩泊まったら?」と夫が言ってくれたことを伝えると、今度は子供のように「嬉しい、嬉しい」を連発。

(あの頃、私が「さびしい」と訴えていたら、聞き入れてもらえたのかな~。無理だったろうね。と、今度はやや冷静に見ていました。

翌日は「さびしくなるけど、色々ありがとう」と見送ってくれました。

(昔は聞き分けのよい娘の役を、今度は優しいお母さん役をさせられるなんて、なんだか損したような気分だよ。)

…これは相手が自分の母だからこそ感じるのかもしれません。感情が複雑に絡まりあった相手には、思いっきり我がままを言ってみたいものです。

わがままを聞き入れてもらうことで、愛されていると実感したい、そんなことってありませんか?

本当はそんなことしなくたって、愛されてるのにね。

何よりも私は、母のDNAをしっかり引き継いでいます。風呂上りの彼女の後姿を久しぶりに見て、発見しました。最近の自分の体型の変化は、、、ぬぁんとsign03

単に遺伝だったのでした (;´д`)トホホ…

やっぱり、どう転んだって、母と娘の縁は切れそうにありません。

| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

足元から

現代レイキの良さを海外の実践者に伝えるのもお役目ですが、なにより日本の北陸で、地道に伝えていきたいと思っています。

そして、霊能力バリバリの不思議ちゃんではなくて、ごく普通のおじさん、おばさんに(ええ、兄ちゃん姉ちゃんも)毎日の生活で当たり前のようにレイキを生かしてほしい…

これが私の願いです。

意識は宇宙の平和に、行動はまず足元からfoot

千里の道も一歩から(出た!格言)fuji  snailnotes

朝起きてから夜寝るまで、手を使う時はいつもpaperriceballレイキが出てる~と意識して

人と向き合う時は目から出るレイキで癒しながらeyeheart04 部屋も車もスマホも、全て浄化しながらcarmobilephone ペットやお花も、洗濯物もdogtulipcat

そして、何より、大切な人たちを癒してください。

遠くにいても届きます。

限られた特別な人が、何か凄いことをする時代は終わりました。私たち普通の人間が、少しずつ光を広げる時代です。本当にいい時代に生まれました。

それだけに、毎日の生活で担う責任は大きいのかもしれません。

今月15日は練習会を開きます。(お土産付き) 忘れかけているなぁ、飽きてきたなぁ、、というあなた、どんどん私を利用してください。

来月13日は今年最後の交流会です。レイキを知らない人も参加できます。お友達やご家族と一緒にどうぞ。Let's Reiki !!

TOP PAGE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

マドリッド、マドリッド 4 再会と出会い

2010年、土居先生のセミナーを受けるために

アルゼンチンから40時間かけて来日したナタリアとペドロ 

あの時、芦屋市民センターの前で待つ二人に、遠くから手を振ると 

安心したのか、おもわず涙をこぼしたナタリアでした。 

別れの時は土居先生に抱きついて号泣。 

「日本人より日本人らしいですね」という先生の目にも涙が。 

通訳というお役目を初めて与えてくたのが彼らです。

お蔭様で、沢山の人たちと現代レイキの橋渡しができるようになりました。 

いくら感謝してもしきれません。 

あれから5年経って再会。

真ん中でつぶれているのが、ふたりの赤ちゃん。(かわゆいす)

純粋なエネルギーとラブラブさはあの時のままです。

P1200829_nati_and_pedro 

先生とのインタビューを記事にしたい、という

二人の お手伝いをして、少し恩返しができました。 

↓そして、今度も別れの時に、先生に抱きついて、涙、涙。 

20151017_madrid_nati_and_pedro_with

トリリー↓とは2010年にイタリアのトリエステで初めて会い、

翌年彼女が企画したデンマークの土居先生のセミナーで再会。

その後で寄ったトリエステでは同じ部屋に泊まり

ヒーリングしてもらいました。

2012年、彼女が来日した時はセミナー通訳をさせていただきました。

阪神電車、阪急電車でおしゃべりが止まらず、よく笑ったっけ。

あけっぴろげでユーモアがあり、大阪人のノリがあります。

今回も休憩時間にヒーリングしてくれました。

Sam_0244_trillie

ロシアのナジェージュダ(左端)↓は滑り込みでセミナーに参加 

「去年ロシアで会った時より変わったわね、フミ」と言われました。 

「どこが?」 

「う~ん、分からないけど、ニュー・フミになってる」

そうだね、自分でも少し感じてるよ。

そして、彼女が成長したって、確かに分かります。

20151015_171948_jean_and_nadezda

真ん中のジーン↑はスコットランドから参加。

デンマークで初めてあった時から

何度も英語の推敲を助けてもらっています。

いつも快く引き受けてくれるありがたい存在。

右端のロベルト↑はマドリッドで初めて会いました。

彼からの質問で、いいインスピレーションを得ました。

(これについては後日ゆっくり書きます)

ほんの短い出会いでも、そんなことってあるのですね。

パナマのポール↓も、生まれ変わっていましたが

現代レイキをどれだけ愛しているか

どれだけ純粋に実践しているかは、全然変わっていません。

セミナー直前までパワーポイントの英語を

スペイン語に訳す作業をしてくれました。

私の英訳の完成が遅くてごめんよ。

201510madrid_with_paul

2012年と14年に来日してアメリカで現代レイキを広めている

オードリーとジェームズ夫妻↓

頭の回転がよく行動が早いオードリー

いつも人を笑わせる反面、じっくり落ち着いているジェームズ

絶妙なコンビの二人は、既に来年10月の来日計画を立てています。

20151014_142821

今回の大イベントの企画者の申橋りかさん↓

私は通訳している時以外は口も頭も休められたけど

彼女は、四六時中働いていました。

本当にお疲れ様でした。

これだけ多くのスペイン語圏の実践者が集まるなんて

彼女がどれだけ愛されているかが分かります。

20151015_102939

陰で支えてくれたみゆきさん(左から2番目:スペイン在住)と

私の心強い助っ人、いくえさん(右端:ドイツ)↓

20151016_miyuki_ikue_doi_sensei

おっとそれから土居先生

80歳のお誕生日おめでとうございます。

いつまでもお元気でいてくださいね。

現代レイキに出会った私は幸せ者です。

本当にありがとうございます。

20151016_200542

普段はそれぞれの生活の場で、地道に実践しながら

時々沢山のいいエネルギーと交流することが、大切です。

色々な個性との出会いがあるからこそ

人生が幅広く楽しくなるし、自分の役割が自然と降りてくる

そんなことを実感した貴重な時間でした。

日本で応援してくださった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

お腹も心も満たされて

受講生さんのご自宅に招かれてのセミナー

マンツーマンでじっくり丁寧に。

初めて会ったのにお喋りが止まらず

あっという間に時間が経って、お昼ご飯。

有難いことに、玄米菜食明制さんにお弁当を配達して頂きました。

玄米おむすび、お汁、ケーキ2種、果物付き。

お腹が一杯なのに胃にもたれない。

でもレイキ波動で眠くなる。

そんな楽しい一日をありがとう。

今日から自分で自分を癒しながら

近くの誰かを癒してください。

難しいことは何も考えず、リラックスしてどうぞ。

頂いた命が喜びに満ちたものになりますように。

20151107_121115

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »