« ヒーリング練習会(受講済みの方へ) | トップページ | どうなるの?参加者の感想1 »

2016年4月11日 (月)

初めての経験 2(着物)

去年他界した姑は沢山の着物を残してくれましたが、私は全く関心がありませんでした。自分の能力では対処できない、謎の物体が家の中に鎮座しているような気がして、早く処分したいと思っていました。

かといって、捨てるのは惜しく、着てくれない人にもあげたくない、ちょっと複雑な感じです。どうしようかと思っていた矢先に華月(はづき)さんから「長いこと箪笥に入れっぱなしにしていると、着物がスネたり泣いたりしてる」と言われました。

着物の気持ちが分かるなら、最後まで大切に面倒をみてくれるに違いないと、彼女に引き取っていただくことにしました。

「これは華月さんに、これは外国の方に」と仕分けをしている時、「ふみさんも着たら?」と彼女が強く勧めてくれました。着物姿の自分はとても想像できなかったのですが、もう一人の友人に後押しされたこともあり、彼女から着付けを教えていただくことになりました。

新しいことを始めると、思わぬ方向にエネルギーが展開していき、世界が広がってきました。

一か月ちょいの猛特訓で、大胆にも初のお披露目は東京での新年霊授会。↓細かいところはグタグタでありながら、「これでもう自分で着れるぞ」という自信だけはつけるずうずうしさは、我ながら素晴らしい。

20160124_155918

翌月もちょっとした席に「お着物で、ほほほ」↓

20160202

ええい、ものはついでだ?着物で記念撮影だ、と調子に乗るところも我ながら素晴らしい。フォトセラピストの凜さん にお願いして桜をバックに、というか私をバックに桜を激写cherryblossom↓(初体験なので、ぎこちない表情やポーズはご愛敬)

12970466_856885447757149_41705927_3

今回はちゃんとしたカメラで撮影なので他力本願でいくことに。ヘアメイクをしていただいたMayumi Ishisakaさんに着つけていただきました。(華月さんは当日ご都合が悪くて、残念)

たくさんの花見客の視線を受けながら、「モデルさんですか」という見え見えのお世辞に、更に調子に乗るところが、本当に素晴らしい。色々な人から色々なことを受け取り楽しむ -- 少し前ならこんな時間を自分に許していなかったかもしれません。

練習で何度も着たり脱いだり畳んだりして、伊達襟や帯締めなど素人なりのアレンジも加えていくうちに、謎の物体だった着物がしっかり私の手の中に納まっていたのです。

明るい光をいっぱいに浴びながら、多くの人の目を楽しませ、多くの人が「きれい」と言ってくれて、着物も帯も番傘もとても喜んでいました。箪笥の中で泣いていた頃が嘘のようです。目を配り、よく触ることの大切さをしみじみと感じました。

もしも家の中で気になる存在がある(いる)のなら、皆さんも口を出したり無視したりするのではなく、目や心を配り、時に触ってあげてください。

12970170_856885367757157_19188269_2

桜の枝のピンクの向こうに広がる青空、その向こうで姑も喜んでいたのでしょうか。その夜は、久しぶりにばあちゃんの夢を見ました。

12994508_10204382433079196_91612710

 

|

« ヒーリング練習会(受講済みの方へ) | トップページ | どうなるの?参加者の感想1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

heart01heart02heart04happy01

投稿: Ryoko | 2016年4月11日 (月) 22時48分

りょうこさーんsunlovely

投稿: FUMI | 2016年4月12日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268523/64141484

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての経験 2(着物):

« ヒーリング練習会(受講済みの方へ) | トップページ | どうなるの?参加者の感想1 »