カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017年7月29日 (土)

宇宙平安の祈り9 福島で

震災後に仙台に行ってから もう6年も経っていました今回現代レイキ東北のマスターが交流会や研鑽会を福島で企画してくれたおかげで、念願だった福島行きがかないました。

20170721_210707 

いつものリュックで、6年前と同じ夜行バス。半世紀ぶりのバス酔いで殆ど眠れず…bearing

20170722_040924

私が苦しい時も、夜明けはいつもと変わらぬ美しさconfidentfuji

20170722_063525

早朝の仙台駅から新幹線で福島へ。駅から会場までは福島のマスターが送迎してくれました。本当に有難い。

20170722_084419

無料のヒーリング体験会には地元の方々が(レイキ未経験者も)来てくださいました。私もちゃっかりヒーリングを受け、レイキの精妙な波動に包まれる安心感を味わいました。おかげさまでバスの疲れがとれました。

初めてのヒーリングでレイキに興味をもって、午後からの交流会にも参加してくれた方たちもいました。

20170722_123016

居酒屋での懇親会で飲んで食べて、福島の方たちと楽しいひと時。前回の仙台でも感じましたが、食べ物、自然、そして何より人が優しくて暖かい。

「震災以来、受け取るばかりで心苦しい」

福島の人たちがそんなことを感じていたなんて。何もできていないと私は感じているのですが…。

原発事故は物理的には福島で起きたことだけど、原因は私たち全員にあると思っています。目先の事ばかりに気を取られ、便利さだけを追求していた私たち。たまたま福島が代表して被害にあったのではないでしょうか。

震災の時は、不安な気持ちで遠隔を送るよりも、全宇宙の平安を祈ることをお勧めしました。「全宇宙」には被害のある無しに関わらず、「全て」が含まれます。もちろん自分自身もです。

ヒーリングに癒す人と癒される人の区別がないのと同様に、この祈りには祈る人と祈らない人の垣根がありません。福島で地元の人と一緒に宇宙平安の祈りを発信するのは、心安らぐものでした。

ぐっすり眠った翌日はレベル2以上の研鑽会。東京からNPO現代レイキの会の会長ちもさんが来て、ファシリテートしてくれました。全員参加型の大変内容の濃いものです。なぜヒーリングするのかという基本的な概念、オーラ浄化のやり方など、次回からの私のセミナーやヒーリング練習会にも反映していきたいと思います。

20170723_182902

ささやかながらお土産を買って「福島でお金を使う」という目的も果たせました。東北の名産品はネットでも買えます。クリックひとつで寄付できるものもあります。皆さんも、今できることを楽しみながらやってみてください。そしてそれを続けてください。

帰りは東北新幹線で大宮。北陸新幹線に乗り換えて金沢に着いたのは夜の10時30分でした。

とても楽しくて充実した二日間は、現代レイキ東北と地元の皆様を中心に、NPO現代レイキの会、ちもさん、札幌のマスターの増田さんなど、沢山の方たちが力を合わせた賜物です。福島で得たものを帰宅してからの日常に生かすことで、恩返しをしたいと思います。

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

受講者さんのお宅で at student's home

ヒーリングや交流会で体験してからセミナーを受講される方もいますが、このブログを読んだだけで受講を決心してくださる方もいます。そんな方とも全くの初対面なのに、いきなりの「ぶっちゃけトーク」になることがよくあります。

大阪の実家に行った帰りに途中下車して、受講者の自宅でセミナーをしました。初回は基礎知識編、2回目でレベル1とそれぞれ一日たっぷりかけてお伝えしました。

琵琶湖の近くの自然に囲まれた静かで古風な日本家屋で、お昼は奥様の手作りのあんかけ焼きそばです。美味しかった~。食べながら私の打ち明け話?で盛り上がりました。

食後は近くの公園で尺八の演奏を聴かせてくれました。外国出身で様々な日本文化に興味を持ってチャレンジされている様子です。

実際の生活でどうやってレイキを使うか、「何もしたくない」ほど疲れていても「ヒーリングなんてめんどくさーい」と思わずにできる方法があります。奥様にも協力いただいて、例の添い寝ヒーリングをしてみました。

家族と触れ合う時は、そんなに頑張らないでください。ほんのちょっと手を当てて、お互いの暖かさを感じるだけでいいのです。頑張ってちゃんとやろうとすると、気が重くなるでしょ?「気軽に数多くやりましょう」ってテキストにも書いてありますよ。

それに、ヒーリングをすることで、自分の疲れも取れるし、気づきもあるのです。

思考や言葉は不要です。理屈も、そして感情すらも出し切って流してしまってください。ただただ感じる時間を大切に。

小さなお子さんが保育園から帰ってきて、家の中が急に華やかになりました。家族の若々しいエネルギーに浸って、私も幸せな時間を過ごしました。

英語でレイキを伝える時、確かに英語力はある程度必要ですが、レイキの本質をどれだけ理解しているか、何を伝えたいのか、それがしっかりと揺らがないことが何より大切--そんなことを確認した一日でした。

そして、プロのヒーラーではなく、ホーム・ヒーラーを増やしたいという気持ちもハッキリしました。ごく普通の人が、ごく普通の家庭で楽しく心豊かに過ごせるように、私には伝えたいものがあるのです。

Thank you for giving me such an opportunity.  I felt it is more important to be sure about what I want to say than a language skill. 

To contribute families and community I want to train 'home healers.'  Please use Reiki on every day basis. After a hard day at work and home, just relax and touch your loved ones. Have a happy time and good night. Someday you will find you become a totally new person.

20160516_101126

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

マドリッド、マドリッド 3 浄化編

あ~、眠らなくっちゃ、、、と寝返りを打っていると

なぜかトイレへ(小さいほうです)、何度も何度も。

これは、まさかの「ぼうこうえん?」

明日からは「朝10時から夜8時30分までを2日間」の体力勝負

この格闘技に、膀胱炎では臨めないcoldsweats02

ん~、でも(小の)量が普通だしな。

膀胱炎だと、頻尿になるけどチョッとしか出ない、ハズ。

何だろう? 

ウツラウツラしては、トイレへ、を10回くらいでしょうか?

最後に大きいほうを出し切って(失礼)終了

もう朝ですsun

殆ど寝ていないのに、なんだか体がシャッキリscissors

自分で作った「通訳虎の巻」を最終チェックして

近くの、セミナー会場に向かいました。

後から考えるとこれは浄化作用だったようです。

思えばここ2年ほど、まだまだ隠れていたものが

私の体から排出されていました。

手湿疹、咳、口内炎など

ひとつひとつは目立たないのですが、時間がかかりました。

「感情も、食べ物も、日用品も、取り込まず手放す」というのは

言うは易しで、なかなか行動に移せません。

でも幸運な人には、「自分にとって不都合な」ことが起きて

半ば、強制的に手放させられます。

例えば私の場合、口内炎のおかげで

食事速度が遅くなり、食事量が減り、体調もよくなりました。

日本を出る前から準備中は頭がよく回り

おまけに、直前になって体から不用品を大放出できましたsign01

これが本番中だと悲惨だったのですが、

2日間は驚くほど体調がよかったです。

ホテルの空調不備のため、冷たい風が天井からひゅるぅるぅ~

受講者さんのストールをとっかぶり、凍える手をこすりながら

喋り続けましたがsnowなぜか体の芯が温かい。

これも皆さんの遠隔レイキのおかげさま。ありがとうconfident

う~ん、遠隔ってホントに届くんだね(今更かい)

それをちゃんと受け取るには

日頃の実践で自分をクリアにしておくことが大切です。

宇宙発のエネルギーは、皆さん経由で私へ

そして私経由で、世界の実践者たちにシカと届きましたぞ。

正しくレイキを実践し続けると

必要なことが必要な時に起こき、それが生涯続く(ヒロシ談)

セミナー中に浄化が起きて

トイレにお百度参りの人も何人かいたそうです。

…みんなそれぞれ必要なタイミングで起きている。

一見「不都合」と見える出来事も、実は大切な過程です。

そう考えると、今起きていること、全てが有難い。

20151016_182750_2

写真はレベル4のアチューンメントのデモンストレーション

これが始まると会場のエネルギーがマックスに

鈍感な私でもビリビリビリ~…きゃぁあhappy02

浄化の連鎖は帰国後も続きましたが、それはまた後日

しーゆーすーん、でございます。

Sam_0233

↑なんだか私の方が偉そうですね。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

マドリッド、マドリッド 2

ウトウトしているうちに朝になってしまいました。

交流会での大役を終え、NPO現代レイキの会の理事3人は

朝7時30分(まだ真っ暗)にタクシーで日本へ帰っていきました。

「本当にお疲れ様でした。気をつけて」

「ふみさ~ん、あとは任せたよ」って、何を任せられたのでしょう。

歩いた方が時差ぼけ対策になるかも、と思い立ち

8時30分過ぎてようやく明るくなってきた街を早足で歩きました。

太陽は低くても出勤時間は始まっています。

20151014_091153

マドリッドは清掃が行き届き、町並みも美しく

東京の銀座あたりの雰囲気がしました。

歩いている人、清掃係の人もみんな優しい。

髪の色や背格好が似ているせいか、とても近しく感じられます。

ただし独特のスペイン・タイムがあって慣れるまでは大変らしい。

2012年に夫婦で来日して土居先生からマスターを取得し

2014年には沢山の生徒を連れて再来日したAudrey と James

そして、去年ロシアでお世話になったNadezdaも

マドリッド郊外でのワークショップ、交流会に参加していました。

20151014_132301

初対面のVeronicaも加わって近所のレストランでお食事。

豆腐みたいにさっぱりしたチーズが美味しい。

観光の時間がこの日しかないので、タクシーで近くの王宮へ。

20151014_142600 20151014_144427_2 20151014_144431_2

 20151014_144440_3

20151014_144525  20151014_144617  20151014_145136

20151014_150646 イザベルI世

20151014_151319 誰? とにかく女王さま

中は豪華なインテリアでしたが、撮影禁止でした。

ん~、これどっかで見たことがあるぞ

おっと、ロシアのエカテリーナ宮殿とか

エルミタージュ美術館とかと基本一緒だわ。

ロシアがヨーロッパの真似をして、更にでっかいのを作ったって

これのこと?(歴史に疎いのでこの程度の理解しかできません)

でも外に出てホッとしました。やはり王族の暮らしは窮屈です。

平民でよかった、とつくづく思いました。

20151014_172550

コンビニで夕食をみつくろってホテルの部屋で一息。

 

右がイカで左はキノコ。味付けはマイルドです。

明日から本番sign01お腹を壊すわけにはいかないので

食べ過ぎ飲み過ぎ注意です。

何より眠りたいところですが、体内時計が狂いっぱなし。

おまけに、、、

さて、どうなったかは次回に続く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

マドリッド、マドリッド 1

ただいま~

無事に行って、役割を果たして、無事に帰ってきました。

皆様に応援やら遠隔レイキやらをお願いしていたので、

出国前から体中にシュワシュワ、ビンビンと

エネルギーを感じながらの一人旅。

関空の搭乗手続きで、「緊急時に英語かオランダ語で

フライトアテンダントとコミュニケーションできる健康な大人」

という条件に「もちろん!」とキッパリ答え(健康には自信あり)

非常口横の脚を伸ばせる席を無料で確保(ピンクの靴下は私よ)

20151013_135214

緊急時に自分の口から英語なんか出るかいな~と思いつつ

「何か飲みますか?」「結構です」程度の会話で終わりました。

帰りの飛行機のアテンダントは「ここに座ったことはあるか」

「緊急時にどうするか知ってるのか」と詰問してきたので、

「初めてなので分かりませーん」とぶりっ子しました。

下手に「知ってる」と答えた女性が

「火が出た時は、前に逃げるか後ろに逃げるか知っているのか!」

と追求されてしろどもどろに、、、オモロイ

20151013_160113

アムステルダムでの乗り継ぎは手荷物検査が厳しく、

ロナイン軟膏をとりあげられている日本人夫婦を目撃。

手荷物にドロドロやしゃばしゃばの物を入れていなかったので

私はチェックなしでした。

マドリッド空港には夜7:30頃到着

タクシーにホテルの名を言っても、場所が分からない様子。

プリントアウトした予約表を見せると、「ガッテン承知」とばかりに

カーナビつきのとてもきれいな車で、連れて行ってくれました。

空港から30ユーロという規定料金を払い(超過、チップなし)

カタカナで書いておいた「オフィシャルなレシートを頂戴」

というスペイン語も通じた!!ちなみに英語は通じない。

8月に芦屋で通訳をしたルーマニアの夫婦

ドリッド郊外での現代レイキのワークショップと交流会に参加し

私とすれ違いで帰国していました。

帰りがけ、フロントにちょっとしたお土産と、

夫婦の写真を預けていてくれました。

デジタル写真に慣れていると、こんな紙の写真が嬉しく感じます。

20151025_092222

おかげさまで、旅の疲れが癒されました。

ようやく長い一人旅も終わりです。

NPO現代レイキの会の会長ちもちゃんから電話がかかり

地元の主催者と日本のNPO理事さん達との打ち上げに参加。

ワークショップと交流会お疲れ様でした。かんぱ~い

「ふみさんに会えてほっとした」と

主催者のりかさんに言われて光栄です。

近所にある本屋さんみたいなレストランで

スペイン人は夜が遅いとは本当。

終わったのが12時を過ぎて

私の体内時計は深夜どころか朝になっていました。

20151013madrid_2

つづきは次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

スペインへ

スペインのマドリッド郊外でワークショップが始まりました。

地元のふたつの団体から「レイキの発祥や歴史について

誤った理解が広まっているのでそれを正してほしい」と

現代レイキの土居先生が講師として招かれています。

100名以上のレイキ実践者が集まっているそうです。

二日間のワークショップのあとの交流会では

NPO現代レイキが共催するため

会長と理事2名も現地入りしています。

せっかく先生がいらっしゃるなら是非に、と

南米のマスターの要請でセミナーも開かれます。

この話が出たときは、まだ姑の具合が悪く

「今は家にいるのが私のお役目」と素直に受け入れて

スペインに行くつもりは全くありませんでした。

思いのほか早く姑が旅立ち、忙しさの後のボンヤリ

そして、やっとホッとした時に

「前半のワークショップか後半のセミナーで通訳してほしい」

とスペインの主催者から言われました。

「これがお役目」と、セミナー通訳を素直にお受けしました。

準備のため、時間も労力も使いましたが

日頃のレイキ実践の賜物か、流れはスムーズです。

目の前に現れたこと、そして自分が素直になれること

それを淡々とやればよい。

そんな感じです。

そんな感じで行ってまいります。

行きはひとりですが、なんとかなるでしょう。

現実世界では旅行下手なんですが

夢の中ではいつも大勢の人たちと一緒に移動している私。

あちらには、現代レイキの仲間たちが待っててくれる。

こちらでは、エールを送ってくれる人がいる(あなたのことですよ)

淡々とした気持ちを保つのは、自分次第だけど

お役目を与えてくれる人がいて

サポートしてくれる人がいて

初めて自分の使命を果たせる、そう思います。

みんな本当にありがとう。

128

2011年デンマークセミナー

欧州・パナマのマスターたちと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

なんじゃもんじゃの木4

友人に誘われて行ってみたら

おお…今年もこの季節でした

なんじゃもんじゃの木が年々成長しています

20150509_164618_2

20150509_164843

何日もかけて自宅の庭をせっせと掃除していますが

集めても集めても落ち葉と枯れ枝が減りません。

雑草が増えていきます。

かなりの労働量です(^_^;)

まるで禅僧の修行(作務)のようです。

こーんな広い場所をいつも綺麗にしている人もいるんだな~

凄いです。尊敬します……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

TOP PAGE

バックナンバー

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

秋祭り2014年

20141005_123358

今年もほうらい祭りがやってきました。

今年は娘のサポートがなかったのですが

上手に手を抜きつつ、その時々を楽しんでいる自分が

嬉しい二日間でした。

「適当に」「手を抜く」「人に助けてもらう」というのは

脳にとって高等テクニックなんです。

詳しくは以下の記事を参照してくださいね。

料理は脳を使います5 料理は脳を使います4

  • 料理は頭を使います3 料理は脳を使います2
  • 料理は脳を使います1
  • 過去の記事 を開いてみたら、
  • 私ってば毎年10月にお祭りのことを書いてるじゃありませんか。
  • 意外と祭り好きだったんですね。
  • 今年はわざわざ金沢から友人二人が
  • 送り獅子と還御祭を見に来てくれました。
  • 町内の造り物を担ぐために
  • 町外・市外の若者が大勢参加してくれます。
  • いきなり知らない人が泊まりに来てくれるのも嬉しいサプライズ。
  • 初めまして(=゜ω゜)ノ からの、おやすみなさい o(_ _)oペコッ
  • 20141005_22420911

    お祓いしながら街中を回ったお神輿が

    無事に戻ってお祭り終了。

    神様って地元民のすぐ近くにいるもんだねぇ。

    さて今日も明日も洗濯とアイロンがけ。

    お片付けが終わるまでがお祭りです

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年8月 2日 (土)

    ロシアは近くて遠い…そしてやっぱり近い国だった2 食べ物編

    20140622_203916 

    20140624_2205542サンクトペテルブルク郊外。夜10:30

    これが噂の白夜。2時過ぎても明るい。人々は夜遅くまで外で短い夏を楽しんでいるようです。

    20140625_1657392 

    パイ?パン?の中に野菜やひき肉が入っています。ドイツの食べ物だそうです。

    P6254756

    乳製品の種類が豊富。ケファヨーグルトにクリームを乗せるのがツボにdelicious

    20140625_082403

    手前の麦入りヨーグルトは美味しかったな。

    20140628_090035

    甘さの感覚が日本とチト違うのでケーキに手を伸ばすのには勇気が(^_^;)

    P6224653 20140628_090048

    りんごやベリー、ドライフルーツ、ナッツ類は美味しかった。

    20140626_192313

    「日本にも同じものがあるよ。中国の食べ物だけど」と言ったら「これはロシアがオリジナルです」と。いやぁ、どう見てもギョーザでしょ。ラー油じゃなくて酢だけにどっぷり漬けて食べます。食べてみたら、やっぱりにんにく・ニラ抜きのギョーザの味でした。

    20140628_190821

    「お母さんが作ったジャムです」「お父さんの養蜂所で集めたはちみつです」など、アットホームな歓迎が心にしみます。左端は森で採ってきてくれた(小豆より)細かーい野いちご。細かすぎて食べるのが面倒ですが、美味しかった。

    20140629_081334

    ロシアの黒パンはパサパサしているので、毎朝オートミールをいただきました。

    P6214647

    ターニャのお母さんが焼いてくれたパンケーキは絶品。

    P6254753

    P6254757

    肉の加工品、ソーセージ、ベーコン、サラミが美味しい。さすが放牧の国。牛を轢きそうになって車が急停止したとき、「日本の牛はどんな生活をしてるの?」と聞かれたので「柵か小屋の中にいます」と答えて笑われた。田舎道で牛乳や野いちごなどを売る人たちがいました。

    P6254791

    人の集まるところに必ずアイスクリームが売られている。ソフトとアイスの間のような食感でとても美味しい。

    20140701_202947
    車の中でさかんに勧められたのがぺっちゃんこの桃。「いちじく桃」というそうです。普通の球形の桃もあるそうですが、一度もお目にかかりませんでした。シャキシャキとした桃の味。皮を剥かずに食べます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年7月22日 (火)

    ロシアは近くて遠い…そしてやっぱり近い国だった

    ロシアでセミナーをする土居先生と奥様に随行してきました。詳しくは土居先生のHP>つれづれの記>2014年7月をお読みください。

    P62146442

    20140622_174726jpg 

    モスクワのセミナーは由緒ある建物の一階にあるチャイルドセンターで。レイキ実践者のエネルギーは国や老若男女の違いなく、穏やかで慎ましい。手前は娘さんのアパートを貸してくれたターニャ。移動の時はいつも運転してくれました。彼女のお父さんは私の通訳を、一番前で身を乗り出してニコニコしながら聞いていました。英語がわかるのかな~と思ってたら、全く分からないとか。可愛いサンタさんのような人でした。

    20140628_130819

    工業都市チェリャビンスクでのセミナー。土居先生に会えて、みんな嬉しそう。二都市で4日間の通訳も無事にこなすことができました。皆さんの応援のおかげです。

    P6204559

    皇帝の別荘。ネパールからも男女三人が受講しにきていました。デパック君は3日でホームシックに。

    P6244663

    P6244738

    皇帝はあちらこちらに贅を尽くした宮殿を建てています。ヨーロッパへの憧れが強かったそうで、色々な芸術や技術を取り入れています。女帝は毎日ドレスを着替えていたとか。

    20140630_

    チェリャビンスクから40数名が11台の車に分乗して、カザフスタンの国境近くまで、およそ500km南下。行けども行けども何もない。山がない、川がない、木がほとんどない。水がない。トイレがない。馬糞に注意しながら大地で用を足しました。金の装飾が眩しい宮殿と大自然の生活と両方体験し、これまで観光にはあまり興味のなかった私に、ロシアは新鮮な喜びをくれました。

    20140630_183035

    素晴らしいエネルギーを味わえるということで、連れていかれた場所のひとつ、「愛の丘」。国や環境が違えど、老若男女の違いがあれど、貧富の差があれど…つまるところは愛。皇帝だから幸せだとか、不幸せだとか、そんなことはないのです。心の中に愛があるかどうか、それが幸せを決める。そんなメッセージを受け取りました。

    20140701_080437

    その夜ロッジに泊まって、ふと上を見上げると…鈍感な私のために天からのメッセージが再び。分かりやすいのが嬉しいね。

    20140701_2059592 20140701_200329

    ロシアでは家族親戚ぐるみでレイキを実践している人が多いのが特徴。全員で協力して私たちのお世話をしてくれました。往復1,000km以上の強行軍中も殆ど上機嫌で車内を和ませてくれた3歳の女の子。帰りのガソリンスタンドでおもちゃを買って私たちにプレゼントをしてくれました。お母さんは妊娠中にレイキを教えていたそうです。後ろで仕事をしているのは英語→ロシア語の通訳ナジェージュダ。彼女の娘さんもレイキ実践者です。大役本当にお疲れ様でした。

    20140628_1413202

    土居先生に是非見せたいと、生まれたばかりのレイキ・ベビーを連れてきたお母さんとおばあちゃん。

    20140703_151424 

    ナジェージュダの妹一家が、最後の朝、アパートまで別れを惜しみに来てくれました。

    私が子供の頃は国交がなく、ロシアは遠い国でした。ほんのひと握りの政治家たちの主張が食い違うだけで、そこに住む普通の人たちも、遠い人種のような気がしていました。実際に行ってみて、人はみな同じ--いやむしろ恥ずかしがりなところが日本人に近いと感じました。

    色んな人が色んな環境でレイキを使っている。どう活用するかは、環境によって少しずつ違うかもしれない。でも、それでいい。目指すところが愛ならば、そう、それでいいんだ…時差ボケと白夜ボケ、そして浄化期間を消化しながら、そんなことを思うこの頃です。

    | | コメント (0)

    より以前の記事一覧