カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年5月28日 (日)

指輪の思い出

父の一周忌は親戚が集まり賑やかに行われました。何十年ぶりかに会う母方のいとこ達…長崎県平戸のネイティブ・ラングエッジは時々理解不能でしたがcoldsweats01遠路はるばる(青春18切符で)来てくれる気持ちが有難い。母も懐かしい話ができて嬉しそうでした。

葬儀や法事にキラキラ光るものは身につけないのがエチケットと知りつつ、キラキラ光る青い指輪をつけて行きました。

これは母が若い頃つけていたものです。半世紀前はまだ指輪はぜいたく品で、母が指輪をするのはお出かけの日だけでした。黒いコートをまとった母が赤い口紅をひき、最期にこの指輪をつけるのを見ると、なんとなく「行くぞ!」という気がしたものです。

実家の断捨離を始めた数年前に、そのことを思い出して、「お母さん、昔していた青い指輪ある?」ときくと、「?」という顔をされましたが、細かく説明すると、「ああ、アレね」とようやく思い出した様子です。キラキラとした青の美しさは健在で、私の指にすっと馴染んだようでした。

「これ、私にくれない?」「いいわよ。東京にいた時お父さんが買って来たの。」「これ本物かしらねぇ」「偽物に決まってるわよ。あの頃とっても貧乏だったんだから、高い物なんて買えるわけがない。」とにべもありません。それをいいことに有難く頂戴して帰りました。

今回、その指輪を母に見せると「これ、初めて自分で買った指輪よ。高かったんだから~」とノタマうではありませんかsign03 「え?お父さんが買った偽物だって言ってたわよ!」「え?あら?そうだったかしら~。これきれいよね、本物のサファイアよ。私の誕生石だから」

見事に記憶が塗り替えられていましたshockい、いったいどっちが本当なんだっsign02

父が買ったもの、というので一周忌につけて行った娘の気遣いは、みごと水泡に帰したわけです。しかも例のポジティブ変化球で

まっいいか、どっちでも。私の中のいい思い出とリンクしているのだから、今私がつけているものは、私の中では「ホンモノ」だ。

おかげさまで、人の記憶がいかにいい加減なものかを教えてもらいました。母だけではありません。私だってその時々で勝手な塗り替え作業をやっているはずです。

「あの日あの時アイツがあんなことを言ったから」

長いこと「疑うことのない事実」として存在していたことも、もしかしてそれは塗り替えられた後のあやふやで自分本位な思い出なのでは、、、と教えてもらいました。しかも面白おかしい形で。

そんなこんなの私の心の変化なんかに関係なく、指輪はキラキラ、天上で父はニコニコなのでありました。ringshine

20170528_1520141_2

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

感情を解放する

父が亡くなってからはなるべく実家の母を訪ねるようにしています。庭の掃除や、断捨離や、病院への付き添い…一泊や二泊の滞在はあっという間です。

明日の昼には帰る、という時に「あー明日からまたひとりか。さびしいなぁ」と大きな声で独り言(?)を言われました。作戦とまではいかないのでしょうが、相手の立場より自分の感情を優先する直球ストレートは彼女の得意技。自分にはない技の持ち主には太刀打ちできません。

配偶者を亡くしたばかりの1人暮らしの高齢者だから、あと暫くの辛抱だからと、母の言葉を黙って聞いていると、子供の頃についた小さな傷たちが浮き上がってきていました。たぶんひとつひとつは単なる「言い間違い」とか、「聞き間違い」とか、「すれ違い」とか小さなものなのだろうけど、まだ鎧で防御することを知らなかった無垢なハートにはキツかったのです。

なぜだか分からないけど、今まで上手にまとってきた鎧が、ここにきてスッポリと外れてしまいました。

「私だってさびしかった!」と下手くそながら直球のつもりです。

母の顔の前に大きなクエスチョンマーク「?」がポッコリ浮かんでいます。

『しまった、伝わっていない。』

仕切りなおして、「あなたの娘で私はずっとさびしかった!」「私がさびしいと言ったとしても、お母さんは聞いてくれなかったやろ」

「だって、あの頃は忙し…」

予測していた言い訳を途中で遮り、「いつもいつも、忙しい、忙しいって!」

そして最後のとどめは「お弁当もろくに作ってくれなかった」

孫もいて正真正銘のおばあちゃんの私なのに、相手は1人暮らしの高齢者なのに、私は小さな子供に戻っていました。さびしいと感じてはいけない、~~をしてほしいと言ってはいけない、言っても聞いてもらえない…ずっと大切にしまっていた感情の、「解放」と言えばかっこいいのですが、もはや「爆発」でしたbombannoy

夜のヒーリングもせずにそのまま二階にあがりました。 やけに濃度の薄い涙が星飛馬のナイアガラ涙(T_T)のように流れたあと、不思議なくらいに心が穏やかになっていました。その次に猛烈に眠くなり、あっという間に爆睡--翌朝の目覚めはとても心地よい物でした。

帰る前にヒーリングしていると、「昨夜はよく眠れなかった。昔のこと思い出したり…。ごめんね、色々思い出させて…」と母。私の下手くそな直球でも、なんとか受け止めてくれたようです。

玄関でハグをして別れる時「あの頃、夢中だったの。子供を一人前にするために」 とダメ押しの言い訳。でも自分の心が晴れ晴れしているので、それは許せました。

…が、「頑張ったのよ、お父さんとふたりで」って、おい!「お父さんの給料が安いから、私が働かないと食べていけない」ってのが口癖だったよね、確か!いつの間に、「ふたりで手を合わせて歩んできた」に記憶をすり替えたんだ!!

この速攻ポジティブ変化球も、昔から彼女の得意技だったのです。そして私にはやっぱり太刀打ちできない大技なのでした。心が晴れ晴れしていたので、これも簡単に許せました。

更に不思議なことに、夫に対するわだかまりもずいぶん緩くなっていることに後日気がついたのです。感情の解放(爆発?)恐るべしhappy02

20170421_074016

今回も数袋の古い服を処分。物も感情も不要なものは外に出たがっています。埃だらけなのに、しっかり握りしめて自分を息苦しくしていたのは自分です。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

戦争と平和 (いつかどこかで11)

201307151507000

幼稚園から小学校低学年まで、よく見た夢がありました。

暗く細長い何かの中、10名近くの「部下」の前で、重大な命令を下そうとしている私。直立不動の「彼ら」の顔はススで汚れているのに、一列に並んで前方を凝視する瞳だけが輝いていました。

「行けと言ってください」「あなたの命令のために命を捨てましょう」という心の声が聞こえました。私のゴーサインで彼らは全員死にます。その覚悟が彼らには既にできています。勿論私も死ぬことになっていました。

その時、彼らの後ろに沢山の人たちの姿が見えました。故郷の家族、友人、恋人…10名ほどの人間の死がもたらす、数えきれない人たちの嘆きと悲しみを痛いほど感じました。

しかし、本国からの命令は絶対で、他に方法はありません。「行け」と言うしかないのです。

その一瞬の迷いの時に必ず目が覚めました。

いつものことだったので、「あぁ、またあの夢をみたのか」と、ごく当たり前の感覚でした。むしろ、何か懐かしい感じがして余韻にひたっていたと記憶しています。

次第にその夢を見ることもなくなり、いつしかそんな夢を見ていたこと自体を忘れてしまっていました。

ここ数年でしょうか。レイキ実践をするようになって、突然思い出しました。

あれは大きな船の底か潜水艦の中だったのでは。日本かしら外国かしら。いつの時代だったのでしょう。

臼井霊気療法には海軍の人たちも多く入会していたというから、もしかしてあの時の「私」も?などと妄想は膨らみますが、何の証明もできません。前世があるかどうかも、死んでみないと分かりません。

確かなことがあるとすれば、今の私は戦争が嫌い=平和がとても有り難いと思っていること。

映画のスクリーンで、主人公以外は虫けらのように吹っ飛ばされるシーンがあるけど、そして、敵は全て邪悪っていう設定なんだけど、吹っ飛ばされる敵兵ひとりひとりに、家族、友人、恋人がいるんだよねー、と思いながら見ています。

ひとりひとりに人格と人生と、そして人との関わりがあります。そこに思いを馳せることができる場所と時代に生まれてきたのは、本当に有難いと思います。

あ、それから海底とか、暗くて狭くて出口がないところとか、今もあんまり好きじゃないんです。前世があるかどうかは不確かなんだけどねwink

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

天の声?

時々やってくる無性に眠い時期

朝に爆睡、昼に爆睡、夜に爆睡sleepy

お酒を飲みたくなくなって三か月

おまけに食欲までないこの頃

どうなるの私…いいのか私sign02

って考えることもできず爆睡sleepy

誰も逆らってはならぬ、天の思し召しに

とりあえず眠りますsleepy

20160318_0859081

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

最期の時に

月一回の凪(なぎ)のいえのボランティア・ヒーリングに行くと、オーナーのまち子さんから「ふみさん、Mさんってご存じ?まぁ、とにかくこちらへ」と奥の部屋へ案内されました。

まち子さんは「病院で最期を迎えるには抵抗があるけれど、自宅での看取りは困難だという人をお世話したい」という望みをもっていました。 そして、ちょうど数日前に初めての利用者さんを迎えたところだったのです。そして、その方が私と同じ町に住んでいたので「もしかして知り合いかも、、、」と察してくれたのです。

彼女の勘はみごとに当たりでした。

30年以上前に、私はMさんのお嬢さんのさっちゃんに英語を教えたことがあったのです。彼女は「どんな大人になったのか会ってみたいなぁ」と今でも思わせてくれる、明るく真っすぐな中学生でした。そのさっちゃんが東京から来てお母さんの傍にいたのです。

「まぁー、何年ぶり?まさかこんなところで会えるとは!」と、お互いに再会を喜び合っていると、Mさんのお姉さんと弟さんのお嫁さんもお見舞いに来られました。おふたりの息子さんたちにも英語を教えたことがあったので、またしても「まぁー、まさかこんなところで!」

説明もそこそこに、幸さんとふたりでヒーリングをさせていただきました。頑張っているさっちゃんや、膝が痛いというお姉さんにも手を当てながら、さっちゃんの子供たちの写真や動画を見せてもらって、わいわいがやがや。

母の最期を看取るという大仕事の最中に、「お母さん、みんな来てくれてよかったね」「お母さん、ほら見て、~だよ。」と明るく優しい声で話しかけるさっちゃんは、あの頃と少しも変っていませんでした。

いざという時こそ、その人の全てが出るもの。何も聞かなくても、彼女がどんな毎日を過ごしているかが分かりました。

返事はありませんが、娘さんや私たちの声は確かに聞こえているようです。Mさんの瞳に輝きが戻ってきたように見えました。時々両腕を動かし、片方の足も一瞬ポンと動きました。愛する人たちに囲まれて安心されたのでしょうね。

「また来ますね」と約束して帰りましたが、翌朝訃報が届きました。凪のいえでのお通夜では、やはりあの頃と変わらないさっちゃんが、暖かく堂々とした挨拶をしてくれました。きっとそれを聞いていたのでしょう、Mさんのお顔は元気な頃に戻られたかのように穏やかでした。

偶然が偶然をよんで、すべてがレールに乗せられていたかのように事が運び、Mさんの貴重な時間にご一緒させていただけました。有難いことです。

レイキの力を借りて実家の父を送った経験、緩和ケア病棟でのヒーリング、多くの方たちとの出会い…全てが一致団結して?私をここに導いてくれた気がします。人のために何かできないかと思い始めた、そのベストのタイミングでした。

大いなるものへの信頼と、自分はただの通路であるという謙虚さを忘れずに、これからもできることから少しずつ続けていきたいと思います。Mさん、そして皆様、本当にありがとうございました。

後日、さっちゃんからは「何かに導かれたような、不思議で、そしてとても有難い数日間の巡り合わせでした」、そしてまち子さんからは「凪のいえで新しい試みを始められそうですが、自分はただの通路だと教えられました」というメールをいただきました。

3人とも同じことを感じていたなんて、これも偶然なのでしょうか。いえ、それ以上かもしれません。

20150410_084319

 

 

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

赤ちゃんに教えられる

昨日生まれたと思っていた孫娘が新生児から乳児に成長して、人の顔や場所の違いに反応するようになりました。

久しぶりに私たちの家に来て最初は大泣きでしたが、すぐに「ひいじいちゃん」「おじいちゃん」「おじさんA」「おじさんB」など、次々と登場する新キャラたちに慣れいきました。

お母さんの話しかけに応えたり、おばあちゃんの「顔芸」を真似しようとしたり、こんなふうに人は成長していくのかぁ、と改めて観察するのはとても面白い。赤ちゃんの笑い声を聞いて、思わず笑顔になる大人たちの様子も…(まぁ、一番笑っているのは私なのですが)

言葉を使わずにコミュニケーションする彼女は、いつもダイレクトでシンプル。

そう、嘘がない。

自分の本当の感情を速攻で表現してくれると、こちらもつられて素直になってしまう。それがなんとも心地よいのです。太古の昔、人類に言語はなかったと言われますが、それは不便ではなく、逆に分かりやすかったのでしょうね。

お、そんなことより、私は「とてもスピリチュアルな人?」なんだから…ということで、ちょっと失礼してオーラを感じてみました。

爽やかで、涼やかで、こまやかで、柔らかく、透き通っていました。(と、私が感じただけですが)ん~、さすが最近まで神さまの国にいただけあるな…(ホンマか?)

色々なものを一直線に受け入れるんだろうなぁ。それが目を見張るような吸収力となり、時には心の傷にもなるのだろうな。こんなふうに人は大人の階段を昇るのかぁ、と自分の子供時代、そして子育て時代を振り返っていました。

この時期は言葉が分からないからこそ、言葉になる前の感情を吸収できるのではないでしょうか。だから、近くにいる人が何を思い、どんな感情を持っているかを自分の中に簡単に浸透させるのかもしれません。私たちは言葉を覚えるとともに、この能力を忘れていくのでしょうね。

赤ちゃんの傍にいる人には「幸せでいてほしい」と心から願います。幸せでいれば、本当の感情と言葉がずれることはなく、ダイレクトでシンプルなコミュニケーションができます。それが一番心地よい揺りかごになるのではないでしょうか?

20170305_2043031

一週間ほど滞在して帰った彼女は、パパのことを忘れていたそうです。

そうだ、赤ちゃんには記憶がない。神さまの国から来たばかりで、見事に「今ここ」を生きている。吸収も早いが手放すのはもっと早いのだsign01

…ってことを後で知るおばあちゃんでしたhappy01 次に我が家に来た時は「はじめまして」という挨拶からですね。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

2017年

新しい年が始まりました。

昨年実家の父が亡くなったので、今年は初詣やご挨拶を遠慮させていただきました。でも、大往生で大爆笑だったので、おめでたいと言っても差し支えありませんねfujihappy01

友達とランチと買い物、ひとりでランチと買い物、図書館、プール、息子たちと映画、夫の釣り仲間とアラ鍋、スカーフを手作り、、、その合間に人様のために出来ることだけをチョッピリして、またその合間にチョッピリ瞑想をしていました。そんなわけで、穏やかでのんびりとした日々でした。

「ダマヌール未来への光」という本の中に「体験そのものには、最初から良し悪しはありません。体験する人のマインドや心がどれくらい広がっているかによって、その出来事の意味や価値の解釈が変わるだけです。ですから本当は、人は何でもないような出来事や、一見苦労に見える出来事の中にも、幸せを見出すことが可能なのだと思います。」という言葉を見つけました。

暖かい冬の光の中でのんびりランチを頂きながら、ああ、本当にそうだなぁと感じました。

糀 ふみさんの写真

「一見苦労に見える出来事」は、もう自分にはあまり起きない気がしますが、日々の何でもない出来事に「有り難い」と感じることが増えました。

私たちは目に見えることだけを見て、誰かが自分より豊かであり、自分は誰かより劣ると感じてしまいます。そんなことは自分の心だけが決めるのだという単純な規則に気づけば、自分の心だけに気を付ければよいのです。

凄い所に行き、高い物を持ち、キラキラしたオーラを発しなくても、ただ、「ああ幸せだなぁ」と感じるだけで幸せなのです。

皆様はどのようなお正月を過ごされましたか。今年もよい一年となりますようにshine

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

感情を感じる

ウィリアム氏のインタビューから帰宅した翌日、小松のマタニティークリニックに娘の見舞いに行きました。娘は妊娠中に子宮筋腫が分かったので帝王切開と決まり、その前日に入院したのです。今回は赤ちゃんだけを取り上げ、筋腫は残したまま経過観察をするという予定でした。

静かな病室で久しぶりに二人きり。娘のお腹に少しだけ手を当てていると、「この赤ちゃんが筋腫も一緒に持って出てきてくれればいいね」なんて言葉がポロリと出てきました。

その夜遅く、「赤ちゃんの心音が弱くなり、胎盤早期剥離が疑われるので救急車で大きな病院に搬送中」という連絡がありました。この時は夫も私もさすがに殆ど喋らず、病院に向かう車の中はとても静かでしたhospital carsweat01

手術室の前で待っていると2時間ほどで赤ちゃんが出てきました。「孫ってかわいいよぉ」と先輩諸氏に何回も聞かされていましたが、さほど感じません。「私って冷たいおばあちゃんなのかなぁ?」

実は娘の様子がなかなか分からなかったからです。赤ちゃんよりも、手術室の扉の向こう側が気になりました。やっと娘の無事な顔を見た時、「ああ、私もこの子の親だったんだなぁ」と感じました。 

執刀医から「筋腫が大きく、中が液状化していたので取りました」と言われてびっくり。見せてもらった筋腫の巨大さに二度びっくり。 

その晩は麻酔が残っていて辛そうでしたが、娘は少しずつ回復していきました。慣れないながらも赤ちゃんを愛おしむ姿を見るにつれて、やっと私も「孫ってかわいい」と思えるようになりました。

しばらく我が家に二人が滞在し、二十数年ぶりに赤ちゃんの世話をしました。娘の負担を少しでも減らせたら、という思いの底には、私はいい母親ではなかった…あの時ああすればよかった、こうすればよかった…という尽きぬ後悔と、もしかして許してもらっていないのではという密かな恐れがあります。

ああ、これで帳消しにしておくれ、、、そんな「おばあちゃんの下心」なんかは、どこ吹く風。生まれたばかりの魂は、飲んで出して寝て泣いてを繰り返すだけ。そして天使の様に光り輝き、私たちを惹きつけるshine

20161112_102123

そう、赤ちゃんは見ているだけで癒される、抱っこするだけで暖かい。単なる筋肉反射だという「新生児の笑顔(写真)」が周囲の皆を笑顔にする。

その後、何人かの先輩たちから「娘がかわいいから、娘の子供がかわいいと思える」という言葉を聞きました。私は自分の娘がかわいくて、私の娘はその娘がかわいい。これが人情というか、一般的な感情とすれば、私はごくごく普通の母親だったのです。

たったひとつの魂の誕生のおかげで、色々な気持ちを味わいました。たとえそれが未消化なものであっても、存在そのものが愛おしい…まるで赤ちゃんのような私の中の感情たちです。

二人が帰って久しぶりにグッスリ寝たと伝えると「ふみちゃんが疲れていないか心配してた」と実家の母からメールがきました。「あ、そうか、この人は私の娘や孫よりも、まず私のことが気がかりなんだ。」

つまり私の母も、普通の母親だったのでした。

いつか娘の娘が赤ちゃんを産んで、娘も私もそんな気持ちを味わうのでしょうか?そんな「おばあちゃんの野望」を吹っ飛ばすかのように、天使は今日も飲んで出して寝て泣いてを繰り返しているのですshineconfidentshine

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

縁とタイミング

私が初めてレイキを習ったのは金沢のK先生でした。彼が土居先生を石川県に招待してくださったお陰で、土居先生に初めてお会いすることができました。あの時「あ、この人だ」と思わなければ、今の私はありません。

土居先生との出会い1

今月の交流会は夏休み中ということと、うっかりFacebookに告知するのを忘れてたこともあり、参加者はたった一人、マンツーマンでした。実はその参加者さんもK先生にレベル1を学び、あの日土居先生に会っていたそうです。つまり私たちは同じ場所にいたのです。

しばらくレイキから遠ざかっていた彼女は、先月土居先生からレベル2を受講されました。

同じ日に同じ場所にいたふたりがようやく再会して、お互いの長い歴史?を語り合いました。私が聴いてもらった方が多かったかな?話していくうちに自分はつくづくレイキに縁があったことに気付きました。

あの頃は山あり谷ありに見えたけど、「行ってはいけない道に進むと壁にぶち当たる。行くべき道はおのずと開ける」というごく単純な道理だったのですね。なんて優しい壁さんたち…。

彼女にとっては、レイキに帰ってくる今のこの時がベストのタイミングのようでした。

ん~、やっぱり宇宙さん、凄いわhappy02

しばらくレイキを忘れていた人、どうぞ私に会いに来てね。もう一度思い出させてあげますよん。そして、レイキのことを大好きにさせてあげますわよ。shadowshineふふふ… 

さあ、ご一緒に LET'S REIKI!

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

父の遺言

介護施設にいた父が亡くなりました。96歳でした。

体の機能を少しずつ失っていく過程で、私たちに父本来の姿を見せてくれました。夫として父として会社人としての様子は見ていましたが、それらの条件を外したひとりの人間としての姿には新鮮なものがありました。

殆ど泣き言を言わず、毎日自分で決めた時間通りに漢詩、歴史、数学の勉強をしていました。お正月に家に帰るかときいても「いや、面倒くさいからここでいい」とあっさりとしたものでした。

施設のスタッフとはすぐに仲良くなって、とても親切にしていただけました。以前はあんなに夫婦喧嘩をしていたのに、母のヒーリングを「気持ちいい。ふみに習ったのか?」と喜んで、母が見舞いに行くと何も言わずに車いすで近づいてきたそうです。

寝たきりになり食事をしなくなり、声が出なくなっても、首を縦や横に振ってきちんと意思表示をしていました。

「ありがとう」と私が言うと、「なんのことだ?」という表情をしたので、「育ててくれてありがとう。お父さんの娘で幸せだったよ」と言うと、涙が一粒光っていました。その晩は泊まり込んで朝までヒーリング。エネルギーがまだしっかり流れる力強さには驚かされました。両手で何かを探している様子だったので、「私はここにいるよ、大丈夫」と言うと本当に嬉しそうににっこりしました。

翌日は母とクチパクで「お・と・お・さ・ん」「お・か・あ・さ・ん」と呼び合う練習をし、「あ・り・が・と・う」と何度も言ったそうです。

亡くなる2時間前まで呼びかけに応えて、まるでお手本のような大往生。それまで元気に脈打っていた、こぶし大の腹部動脈瘤は、心臓が止まると同時に消えてしまいました。

葬儀には赤ちゃんの頃から可愛がっていた近所の三姉妹が来てくれました。そういえば、犬と子供には好かれていたっけ。

親戚の小1の男の子が「おじいちゃんは写真と同じ顔で、天井のところにいる。笑いながらおはぎを食べている」と言ってました。見えるのか!

葬儀の翌日、「遺言状」と達筆で書かれ糊付けされた封筒を開けました。中にはひとこと、、、

「一切の延命治療は必要ない」

…って、死んでからどうやって治療するんだよhappy02

大満足で大往生、そして大爆笑。父以上の死に方をするのは、なかなか難しそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧