カテゴリー「レイキ」の記事

2018年10月23日 (火)

臼井甕男先生生誕の地 2

遅くなりましたが9月に無事執り行われました「臼井甕男生誕の地」の記念碑除幕式のご報告です。

Photo 記念碑は京都の鞍馬石

20180923_120500

20180923_120428 後ろの銘板

Photo_2 招待客とプロジェクトスタッフ

20180923_115846 海外からも多数参列されました

臼井先生の名前は霊気療法の創始者として世界では有名ですが、生まれ故郷の岐阜県山県市(やまがたし)谷合(たにあい)では全くと言っていいほど知られていません。十代半ばで故郷を去って以来二度と帰らなかったからです。

臼井先生がこの地に存在した証は、臼井霊気療法学会設立の翌年に、谷合の天鷹(あまたか)神社に二人の弟達と連名で寄進した鳥居だけでした。

土居先生が鳥居に刻まれた臼井先生の名前を初めて見た時、心が震えたそうです。そして小さな木の杭でもいいから、臼井先生が生まれ育った印を、この地に刻みたいと思ったそうです。

世界中のレイキ実践者と地元の方々の協力で記念碑が完成し、18年後の同じ日、9月23日に除幕式が執り行われました。毎週末に台風が日本列島を通過するという珍しい年でしたが、この日は爽やかな秋晴れでした。

なぜだか分からないけど、沢山の外国人が山奥の神社にやって来て、臼井さんのことを尋ねている…と地元の人が不思議に思い、神主さんが「この頃問合せがあるけど、レイキっていったい何だろう」と資料を探している時に、土居先生から「実はこういう事情で、記念碑を建てる場所を探している」という手紙が届き、話はあっという間に具体的になっていったそうです。

記念式典の間、その神主さんがずっとニコニコして、とても可愛かったですよ。土居先生と兄弟?っていうほど似ていらっしゃいました(写真)

20180923_114820

レイキの聖地として人が集まり、地元の活性化にもつながるだろうということで、岐阜県県議会議員、山形市市長なども参列されました。初めはアヤシい主教団体?と懸念していた自治体の方々も、霊気について知ると、「式典でちゃんとした挨拶をしなくては」と思ってくださったそうで、感動のスピーチでした。

20180923_102630

20180928_100530

お土産に頂いた山県市名産の黒ニンニクがとても美味しかった!

20180923_152841

表立った場での感動もありましたが、この行事を実現するために、多くの方々が陰で大変な思いをしながらも明るい心で尽力されたことに、当日の秋晴れ以上の清々しさを感じました。

急な体調不良で式に出られなくなったアメリカ人マスターに、自分も出席を諦めて薬局や病院に付き添ったユキさん、電車に携帯を忘れたデンマーク人マスターの為に、電話をかけまくって探し出したミホさん、どちらも「私がやります」と迷うことなく引き受けて積極的に行動されていました。頭が下がると共に、こんな素敵な人たちと知り合えた自分は本当に幸せ者だと思いました。

Rp021

レイキが繋いでくれた沢山のご縁を大切にして、自分と自分の周囲によい波動を広げていきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

フォローアップを受けるとこんなにお得

ヒーリングを受けていただけるのは嬉しいのですが、セミナーを受けていただくのはもっと嬉しい。自分自身に備わっている癒しの力を思い出し、自立して生きていってほしいからです。辛くなったら誰かにどうにかしてもらえばいい…、これでは成長がありません。自分軸が整うと、自分を癒しながら周囲によい波動を発信することができます。これが社会貢献につながります。大げさな話じゃありませんよ。

そして、何より嬉しいのがフォローアップに来ていただくこと。一度きりのセミナー受講で、一人前のヒーラーになったつもりのそこのあなた、(あなたのことです)、んなもん100年早いわっ!

…て偉そうに言う私も、土居先生の所へ年に最低3回は行っています。行くたびに新しい発見があります。私にとっては「新しい」ことなのですが、先生は実はもう何十回も同じことを話されています。「今頃気づいたのか?」と突っ込まれそうですね。私もまだまだ成長過程です。優しく見守ってください。

関連記事 フォローアップへようこそ

言葉や話は耳に入っていても、「はーい、ワカリマシタ」と頭では理解しても、それが実体験としてハラにストンと落ちるタイミングは人それぞれ。自分自身の準備が整わないと、受け取れないのです。

フォローアップに参加して、日頃の実践でイマイチ納得できなかったことを質問してみましょう。そして一緒に考えてみましょう。この「ハラ・ストン」を味わえるかもしれませんよ。

その場にいるだけでも癒されます。そしてその場限りの癒しで終わるのではなく、死ぬまで自分で自分のお守りができるようになりたくありませんか?

昨日のフォローアップでは、前回のセミナーでも話し合った「正しい努力」の「正しい」ってどういうこと?という話題をもう一度とりあげました。さ、皆さんはどう思いますか?

なぜ臼井霊気は単なる病気治しではないのか?臼井先生の究極の目的は?ただの「エネルギー使い」と「レイキ実践者の違い」は?五戒を通して自分を見る癖をつける。現代レイキのヒーリングで守るべきことは…などを(笑いをとりながら)説明して、体から力を抜いて自己ヒーリングと他者ヒーリングをする工夫を紹介しました。

気軽に楽しく実践するヒント満載です。

20181003_152625_2

「おい、サボってないで仕事しろ」「し、社長、すみませーん」っていう場面ではありません。一番楽な姿勢で自己ヒーリングしているふたりの後ろ姿です。布団の中でも、クッションやぬいぐるみを使って、どこにも力を入れないヒーリングができますよ。

I like teaching Reiki because I can offer you how to remember and revitalize your inner Reiki.  Your inner Reiki has been there for a long time but was not functioning very well. 

When you can heal yourself, you will become independen to live a life the fullest. Or, do you prefer 'ask' someone for help when you have pain and trouble, and just lie on the bed to have someone solve your problems?

Please remember you already have the ability to do it.  Please come to the follow-up classes and find something new.  It may sound very new for you but I already told you the same thing for doezns of time.  The same thing goes to me.  Every time I visit Doi sensei, I find something new.  He has talked the same thing hundreds of time, which means I am still progressing.

When you trully experience something, we say, in Japanese, "It has gone down into hara," meaning, I do feel it in my body.  Please come to the follow-up course and put your new thing down into hara.

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

臼井甕男先生生誕の地

世界に広まっているレイキの創始者は臼井甕男(みかお)という、慶応生まれの日本人です。

日本国内はもとより、創始者の生まれ故郷、岐阜県山県市谷合でも、彼の業績を知っている人は殆どいませんでした。

臼井先生が幼少の頃に遊んだという天鷹(あまたか)神社の鳥居に、二人の弟と共に名前が刻まれています。

その神社に、現代霊気法の創始者、土居先生が発起人となり、「臼井霊気療法創始者臼井甕男先生生誕の地」という記念碑が建立されました。国内外の実践者からの寄付が集まったおかげで実現されたことは、素晴らしいことです。

私たちも少しですが「LET'S REIKI」の名前で協賛金を送らせていただきました。名簿に記載されて、記念碑の後ろの銘板の下に収められるそうです。

それとは別に、実行委員会のご厚意により、プロジェクトに協力した者として、私個人の名前を銘板に刻んでいただきました。ありがとうございます。

23日には除幕式と記念パーティーがあるので、参列してきます。

それに伴い、英語圏の実践者向けのセミナーが今週あります。アメリカ・メキシコ・デンマーク・ルーマニア・スペインなどから30名近く集まるので、通訳として行ってきます。

沢山の人たちに助けられ、こちらからもできるだけのサポートをして、(当日は伊丹空港からのアテンドもします)、結果は大いなるものに任せます。

人生のコツがだんだん分かるようになって、ずいぶん楽になりました。そうすると、できることも増えてきました。もちろん嫌なことやできないことはキッパリ断りますよ。これは楽に生きるためのマストアイテムだもんね。

よい一週間になりそうです。応援してくださいねsun

20180513_145022


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

英語でレイキ2 Reiki in English 2

愛知県の現代レイキマスターがここ石川県までセミナーを受講しに来てくれました。

ブラジル生まれのレイラはポルトガル語が母国語で、簡単な日本語は話せます。今回は英語(+日本語少し)で基礎知識とレベル1を伝えました。

私は難解な英単語を知らないので、中学英語に少しプラスアルファした程度の語彙と、あとは身振り手振りで補います。英語が母国語ではない人にとっては、かえって分かりやすいかもしれません。

初日の基礎知識にフォローアップとして参加したハルミさんも、「英語はさっぱり分からんけど、FUMIさんの表情が面白い」、そして「みんなニコニコしていい人や。」と楽しんでくれました。

二日とも参加したミナさんは、英語が堪能なのでレイラと仲良しになり、色々助けてくれました。初対面の彼女たちがお互いに「どっかで会った事があるような気がする」と言っていました。面白いですね。

レイラ本人が「レイキのシンプルさと奥深さ」を実感してくれたことが何より嬉しいことです。本やネットでは伝わりにくい「レイキの本質」をしっかり自覚して、実践を続けることがとても大切ですから。

20180304_144229

言葉や文化が多少違っても、目指す方向が一緒ならコミュニケーションがスムーズです。去年も感じたことですが、同じ価値観の人と、現代レイキの良さを共有することが私の喜びなので、英語であろうと日本語であろうと、実はあまり関係ないのです。色々な人たちに助けられながら時間と場所をともにして、笑いに溢れた幸せな二日間でした。ありがとうございます。

 

20180304_090431

20180303_194232

偶然に発見した近所の民泊に泊まってもらいました。本格的な茶室がある数寄屋造りの一軒家です。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

テキストを読み返しましょう

現代レイキのヒーリングはとてもシンプル。

やらなくてはいけないことはほんの僅か、やってはいけないことも僅か。

でも、なぜそれをやらなくてはいけないのか、やってはいけないのか、理由を忘れてしまうと間違ったヒーリングになってしまいます。

そもそも、なぜヒーリングをするのか、覚えていますか。

答えは全てテキストに書いてあります。セミナーでも説明しています。

人は忘れる動物です。忘れておいてその後で、自分で勝手な理屈を付け加えるものです。

だから時々はテキストを読み返してください。

テキストを読み返していると、「あら~、こんなこと書いてあったかしら?先生ってば、最近になって書き足したのね。」ってことがよくあります。

いえいえ、最初っから書いてありましたよ。それは自分が成長し変化したから、納得できる部分が増えたってことです。

テキストをひとりで読み返すのは面倒だという方は、フォローアップを受けてください、ヒーリング練習会に来てください、ついたちヒーリングでサポートに入ってください

優しいマスターが待っていますよ、ふっふっふ。一緒に新しい発見をしましょうね。カモーンsmile

スケジュールはblog TOP PAGE または HPのCalendar

P3265016

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

「人は皮膚から癒される」 山口創

数年前に山口創さんの本を何冊か読みましたが、またこれを読んで「触れる」ことの良さを再認識しました。

「触れられている人だけではなく、触れている人のオキシトシンも増加する」ということも書かれています。ヒーラーも同時に癒されるレイキヒーリングとよく似ています。直接相手に触れなくてもレイキヒーリングはできますが、暖かい手に触れられるとホッとしますね。これは万国共通です。

また、「オキシトシンレベルが高い人に(セラピューティック・ケアを)施術された人は、オキシトシンの上昇が大きくなる」そうです。それに対して著者は「まさかオキシトシンが皮膚を通じて相手にしみこんでいくとか、エネルギーが相手に伝わるといった可能性はないであろうが、(略)」と書いています。

あるんだなぁ、そのまさかが。エネルギー、伝わりますよ、へっへっへsmile

 

51tya7vjuvl__sx348_bo1204203200__2

第4章「皮膚を拓(ひら)いて元気な自分を取り戻す」に、「笑うこと」「心を開くこと」「皮膚を共振させること」「感謝すること」「親切にすること」…

そして「許すこと」がありました。

「忘れたいのに忘れられない」「10年以上前の事なのに、今でもそのことを思い出すとイライラして腹が立つ」。そのような経験がある人は多いのではないか。もちろん誰かに嫌なことをされたとしたら、それをすぐに許すことなどできないだろう。しかし大事なことは、許すことは相手のためではなく、自分のためだということである。(中略)

許せないというネガティブな感情を長い間抱えてしまうことだ。それは人生の重荷を自ら背負ってしまうことになるからだ。だから相手のためではなく、自分のために許すという発想を持つことが大事だと言える。

憎ったらしいアイツの為に頭を下げるのではなく、大事な大事な自分の得になることなら、やってみる価値はあります。許すという行動をするに、もう相手は不要です。自分の心の中で雄々しく立ち上がればいいだけですから。すぐにできなくても、完全に許せなくても、やってみようと決意することから始めましょう。

著者によると、許すことで二つの効果が認められているそうです。まず、抑うつや不安や怒りといったネガティブな感情が減少する。さらに、血液中の白血球の数が増加したり、血圧や心拍を下げ、心臓病を予防する。

ほらね、やっぱりお得なんですよ。

日々自己ヒーリングで自分に触り、機会があれば誰かに触れ、明るく笑って感謝して人に親切にしていくと、許しに向かって少しずつ歩んでいけます。私もその道の途中です。どうぞ、ご一緒に。

こちら記事も読んでね↓ 

仕返しと許し  許すという行動  浄化  「ライフ・レッスン」 エリザベス・キュープラ・ロス

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

病室にて

今月も滋賀県の病院へヒーリングボランティアへ行ってきました。

徳島から現代レイキの実践者がボランティアグループを立ち上げ、毎月の様に何名かが参加してくれるのを、大変心強く感じています。彼女たちは徳島でボランティアできる施設を探している最中です。私も、石川県または北陸の、できれば医療関係の施設でボランティアをしたいと思っています。

患者さんは、何をされるのかもよく分からないまま申し込んでくれます。
「いつも通りに楽な姿勢でどうぞ」「目は開けていても閉じていても、起きていても眠っても、しゃべっていてもいいですよ」「姿勢は遠慮なく変えてくださいね」「このお部屋は眺めがよくて気持ちいいですね」など、なるべくリラックスしていただけるように、明るく静かに話しかけます。

今回はおふたりにヒーリング。始めた途端に、温かく細やかな振動が伝わってきました。布団の上からそっとてを当てているのに、「足首が温かい」「これは何かしら。手が…手が…」と言ったまま、目を閉じてしまわれました。

もう一人の方もすぐに寝息が。暫くして寝言も。あとで「とても良かった」と感想をいただきました。

ヒーリング中に、自分の丹田があつーくなってきました。一緒にヒーリングをしていた実践者が「途中で突然、朝からの生理痛が治った」と言っていました。面白いですね。

来月もまた会えるかもしれません。もうお会いできないかもしれません。すべては大いなるものに任せるので、どちらでも受け入れます。

人間界に来たばかりの魂はとても清らか。同様に、人間界をそろそろ終えようとしている魂もどんどん清らかになります。そんな魂に寄り添い、よいエネルギーを与え合う時間が、ただ有り難いそう思えます。

クリスマスにぴったりのプレゼント交換でした。snowpresentxmas

20171210_170055

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

魂の入れ物

魂の望む人生を歩む、というと聞こえがいいですが、地球上で活動するには、魂の入れ物が必要です。

魂の入れ物、そう、体のメンテナンスが必要なお年頃になってきたのであります。「気が向いた時だけ我流で体を動かしてごまかせる時期は過ぎたよ」と天からの啓示があり(大げさです)、「初めての平泳ぎ教室」を受けることにしました。

クロールなら50m以上進めるのですが、平泳ぎだと沈んでいく特殊な体質。これは我流では直せません。プロの教えを受けるのが近道です。

まずはキックから。足のどこで水を蹴るのか、脚をどうひきよせて、蹴ったあとはどうするか。手取り足取り(いや、足だけですが)教えていただくと、ナント!前へ進むではありませんかsign01

おまけに「上手ですね」な~んて、褒めてもらえるじゃありませんかsign03私は褒められて伸びるおばさんなのです。

次は、いつ息継ぎをするのか。焦らずゆーっくり顔を上げると、ナント!息ができるではありませんかsign03

…といちいち静かに感動しながら週一回の教室を楽しみにしています。

さて次はリボンフットさんのウォーキングレッスンです。私の体の動かし方の間違いと、それを修正するためのエクササイズを教えてもらいました。

自分では真っすぐのつもりでも、プロの目から見ると歪んでいるのです。そういわれて鏡を見ると、「なーるほどぉ、確かに膝が内側に入っていて真っすぐじゃない」と気づきます。

心も体も自分の癖に「気づく」ことがまず先。自分でしっかり自覚して初めて、「これは直さねばならぬ」と思います。その努力が始まります。そして少しずつ修正していくのです。「気づき」を促し、自分で癒していく力を刺激する、レイキのヒーリングと同じです。

教えてもらった地味なエクササイズを毎日することにしました。この地味さと、自分でやらなアカンところがレイキ実践と一緒で、そそられます。

「正しく体を使えば体型も変わります」「ふみさん、伸びしろが大きいから、どう変化するか楽しみです」と褒められていい気になる私。

…けど、「伸びしろが大きい」って、つまり、今の私はホンマに体がブヨブヨってことだよねー、と後で気づく。ま、いっか、それも含めてエンジョイ・マイ・ライフcatfaceリボンフットさん、来月もよろしく~paper

20171119_140757_1_2

20171119_140149_3

いくら地味な努力が好きでも、盆栽師さん程粘り強くはなれません。100年以上かけて育てるなんて凄いわhappy02

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

アルゼンチンの太陽

アルゼンチンのナタリアとペドロに通訳をしてからもう7年。あれが私の初めての通訳体験でした。

まず彼らから学び、その後、近くのマスターからレベル4まで学び進んだビッキーが、土居先生のセミナーを受講しに来ました。

20171110_111519_2

仕事の前に京都で息抜き(大日如来さんとの素敵な出会いを楽しみました)

20171110_141957

美しい景色を見ながらボランティア。無心でするヒーリングはとても気持ちいいし、無欲でボランティアをする人たちとの交流も清々しい。

20171111_130123_2

通訳初日、秋晴れと紅葉の芦屋

20171112_174944_2

二日間の受講が終わってリラックス

土居先生の終始フレンドリーな態度が大好き、だそうです。レイキ実践に笑いは必須happy02楽しくなければレイキじゃない…ってところも意気投合。彼女のセミナーも笑いで溢れているとか。

20171113_114213

ひとりだけで鞍馬まで行くのは大変だろうと思い、案内をしました。叡山電車で紅葉を見ながらおしゃべりmaplesun

2歳の男の子を家族に託し、40時間以上かけて飛行機を乗り継ぎ、現代レイキを正しく伝えるために地球の反対側からやって来た彼女。

来日前から真剣な質問を送ってきて、真面目に取り組んでいる様子がうかがえました。こういう方を相手にするとこちらもやり甲斐があります。ただ単に言葉を置き換えるだけではなく、内的な何かが交流するからです。

直接会って話をすると、増々彼女のことを好きになりました。明るく優しく、とても思慮深い。しっかり地に足がついています。

20171113_121712

201711

抜けるような青空と明るい太陽は、私の中のベスト・オブ・クラマでした。もちろん「この天気は私のおかげよ」と2人とも自信満々で笑い合いました。

7年前は2日間でヘロヘロでしたが、今回は元気に帰宅できました。これも普段からの地味なレイキ実践のおかげさま。遠隔などで応援してくださった方々に、厚くお礼申し上げます。皆さんの愛が、私とビッキー経由でブエノスアイレスの沢山の人たちに伝わります。そしてドミノ倒しの様に広がっていくのでしょうねshineshine

 

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

スペインからの風

スペインに30年以上在住している現代レイキマスターのリカさんが、スペインとアルゼンチンのレイキ実践者を連れて来日しました。 彼女は2015年の10月にスペインへ土居先生を招待してワークショップとセミナーを主催した人です。受講者たちからの信頼がとても厚く、彼らから愛されているのが分かります。

臼井先生が生まれた岐阜県山県市谷合、啓示を受けた京都鞍馬山、亡くなった呉市、お墓のある東京の西方寺など、 創始者の軌跡を辿りながら、芦屋で土居先生のマスターコースを受けるという充実した旅行だったようです。

スペインチーム主催の京都嵐山での交流会に参加してきました。 明るく清らかな雰囲気でした。

20171028_142031

20171028_142109

全員で自己浄化ヒーリング

20171028_162851

お手々をブラブラで全員大笑い

20171028

今回は通訳しなくてもいいので、私も超リラックス。フェイスブックでは既にお友達になっているアルゼンチンのマチルダ(真ん中)に初めて会いました。

20171028_185806

懇親会で再び大笑い↑

実家で一泊して母のヒーリングをした後は一旦石川県に帰りました。

20171031_120538

20171031_120603

石川県のマスターなかさんと一緒に五箇山荘までドライブして、彼らに再会。これから彼らは東京でNPO現代レイキの会の研鑽会を受けるそうです。

飛行機代、宿泊代がかかるのに、本当に熱心です。 真剣にレイキを学ぼうとする態度に頭が下がります。

日本にいて、日本語でセミナーを受けられる私たちはラッキーなのです。でもただのラッキーで終わらせるか、自分の人生に役立てるか、それはどこに住んでいても同じ……本人のやる気次第です。

フォローアップは、できるだけ受講した方の都合に合わせています。みなさんが自分の人生でレイキを本当に役立てるため、遠慮なく私を使ってくださいませ。

mailtophoneto Contact 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧