カテゴリー「レイキ」の記事

2017年11月19日 (日)

魂の入れ物

魂の望む人生を歩む、というと聞こえがいいですが、地球上で活動するには、魂の入れ物が必要です。

魂の入れ物、そう、体のメンテナンスが必要なお年頃になってきたのであります。「気が向いた時だけ我流で体を動かしてごまかせる時期は過ぎたよ」と天からの啓示があり(大げさです)、「初めての平泳ぎ教室」を受けることにしました。

クロールなら50m以上進めるのですが、平泳ぎだと沈んでいく特殊な体質。これは我流では直せません。プロの教えを受けるのが近道です。

まずはキックから。足のどこで水を蹴るのか、脚をどうひきよせて、蹴ったあとはどうするか。手取り足取り(いや、足だけですが)教えていただくと、ナント!前へ進むではありませんかsign01

おまけに「上手ですね」な~んて、褒めてもらえるじゃありませんかsign03私は褒められて伸びるおばさんなのです。

次は、いつ息継ぎをするのか。焦らずゆーっくり顔を上げると、ナント!息ができるではありませんかsign03

…といちいち静かに感動しながら週一回の教室を楽しみにしています。

さて次はリボンフットさんのウォーキングレッスンです。私の体の動かし方の間違いと、それを修正するためのエクササイズを教えてもらいました。

自分では真っすぐのつもりでも、プロの目から見ると歪んでいるのです。そういわれて鏡を見ると、「なーるほどぉ、確かに膝が内側に入っていて真っすぐじゃない」と気づきます。

心も体も自分の癖に「気づく」ことがまず先。自分でしっかり自覚して初めて、「これは直さねばならぬ」と思います。その努力が始まります。そして少しずつ修正していくのです。「気づき」を促し、自分で癒していく力を刺激する、レイキのヒーリングと同じです。

教えてもらった地味なエクササイズを毎日することにしました。この地味さと、自分でやらなアカンところがレイキ実践と一緒で、そそられます。

「正しく体を使えば体型も変わります」「ふみさん、伸びしろが大きいから、どう変化するか楽しみです」と褒められていい気になる私。

…けど、「伸びしろが大きい」って、つまり、今の私はホンマに体がブヨブヨってことだよねー、と後で気づく。ま、いっか、それも含めてエンジョイ・マイ・ライフcatfaceリボンフットさん、来月もよろしく~paper

20171119_140757_1_2

20171119_140149_3

いくら地味な努力が好きでも、盆栽師さん程粘り強くはなれません。100年以上かけて育てるなんて凄いわhappy02

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

アルゼンチンの太陽

アルゼンチンのナタリアとペドロに通訳をしてからもう7年。あれが私の初めての通訳体験でした。

まず彼らから学び、その後、近くのマスターからレベル4まで学び進んだビッキーが、土居先生のセミナーを受講しに来ました。

20171110_111519_2

仕事の前に京都で息抜き(大日如来さんとの素敵な出会いを楽しみました)

20171110_141957

美しい景色を見ながらボランティア。無心でするヒーリングはとても気持ちいいし、無欲でボランティアをする人たちとの交流も清々しい。

20171111_130123_2

通訳初日、秋晴れと紅葉の芦屋

20171112_174944_2

二日間の受講が終わってリラックス

土居先生の終始フレンドリーな態度が大好き、だそうです。レイキ実践に笑いは必須happy02楽しくなければレイキじゃない…ってところも意気投合。彼女のセミナーも笑いで溢れているとか。

20171113_114213

ひとりだけで鞍馬まで行くのは大変だろうと思い、案内をしました。叡山電車で紅葉を見ながらおしゃべりmaplesun

2歳の男の子を家族に託し、40時間以上かけて飛行機を乗り継ぎ、現代レイキを正しく伝えるために地球の反対側からやって来た彼女。

来日前から真剣な質問を送ってきて、真面目に取り組んでいる様子がうかがえました。こういう方を相手にするとこちらもやり甲斐があります。ただ単に言葉を置き換えるだけではなく、内的な何かが交流するからです。

直接会って話をすると、増々彼女のことを好きになりました。明るく優しく、とても思慮深い。しっかり地に足がついています。

20171113_121712

201711

抜けるような青空と明るい太陽は、私の中のベスト・オブ・クラマでした。もちろん「この天気は私のおかげよ」と2人とも自信満々で笑い合いました。

7年前は2日間でヘロヘロでしたが、今回は元気に帰宅できました。これも普段からの地味なレイキ実践のおかげさま。遠隔などで応援してくださった方々に、厚くお礼申し上げます。皆さんの愛が、私とビッキー経由でブエノスアイレスの沢山の人たちに伝わります。そしてドミノ倒しの様に広がっていくのでしょうねshineshine

 

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

スペインからの風

スペインに30年以上在住している現代レイキマスターのリカさんが、スペインとアルゼンチンのレイキ実践者を連れて来日しました。 彼女は2015年の10月にスペインへ土居先生を招待してワークショップとセミナーを主催した人です。受講者たちからの信頼がとても厚く、彼らから愛されているのが分かります。

臼井先生が生まれた岐阜県山県市谷合、啓示を受けた京都鞍馬山、亡くなった呉市、お墓のある東京の西方寺など、 創始者の軌跡を辿りながら、芦屋で土居先生のマスターコースを受けるという充実した旅行だったようです。

スペインチーム主催の京都嵐山での交流会に参加してきました。 明るく清らかな雰囲気でした。

20171028_142031

20171028_142109

全員で自己浄化ヒーリング

20171028_162851

お手々をブラブラで全員大笑い

20171028

今回は通訳しなくてもいいので、私も超リラックス。フェイスブックでは既にお友達になっているアルゼンチンのマチルダ(真ん中)に初めて会いました。

20171028_185806

懇親会で再び大笑い↑

実家で一泊して母のヒーリングをした後は一旦石川県に帰りました。

20171031_120538

20171031_120603

石川県のマスターなかさんと一緒に五箇山荘までドライブして、彼らに再会。これから彼らは東京でNPO現代レイキの会の研鑽会を受けるそうです。

飛行機代、宿泊代がかかるのに、本当に熱心です。 真剣にレイキを学ぼうとする態度に頭が下がります。

日本にいて、日本語でセミナーを受けられる私たちはラッキーなのです。でもただのラッキーで終わらせるか、自分の人生に役立てるか、それはどこに住んでいても同じ……本人のやる気次第です。

フォローアップは、できるだけ受講した方の都合に合わせています。みなさんが自分の人生でレイキを本当に役立てるため、遠慮なく私を使ってくださいませ。

mailtophoneto Contact 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

見えること、分かること

目に見えないエネルギーを使っていると、目に見えないものが分かる人と思われがちです。ヒーリングの後で、「で、どうでした?」とキラキラした目で聞かれることがあります。

「ここにエネルギーの滞りが…」とか、「前世から持ち越したものが…」とか、「庭のびわの木は切った方がいいでしょう」とか言えば喜ばれるのかな~coldsweats01

残念ですが、それは私の役割ではありません。

気持ちの良い癒しの場を提供し、大宇宙のエネルギーをそのまま中継することが私の仕事です。

ここに手を持ってきてちょ、という宇宙さんのささやきが聞こえたら素直に従います。聞こえなくても、気持ち良い空気の中で一緒にのんびり漂います。

問題が消えるべき時だと宇宙が判断し、私が宇宙の仕事の邪魔をしなければ問題は解消されます。今はこの苦しみを取ってはいけないと宇宙が判断した時も、邪魔はできません。

タイミングを決めるのは宇宙であり、私ではないからです。

かれこれ10年も同じことをやっていると、まぁ、ちょっぴり分かることもあります。でもそれは50m先が見えるのと100m先が見える程度の差ではないでしょうか。

100m先が見えたとしても、何千キロ何万キロ、いえ何光年の彼方を俯瞰する大宇宙に比べれば、大したことはないと思っています。

そんな難しいことは宇宙に任せて、暖かく穏やかな時間を分かち合い楽しむのです。その素直さがあれば、自分も癒されていきます。

相手が不幸のどん底にいても、元気そのものであっても、同じことをします。レイキヒーリングはとても単純です。

20170826_193656
ついでに言っておきますが、ヒーラーだからって菜食主義者ではありませんよ。のどぐろのお刺身でちょいと、へへへ bottle

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

明治天皇御製 2

白山比咩神社の手水舎に明治天皇の御製(和歌)が掲げられています。

20170201_124355_2

受けつぎし わが国民の安かれと 祈る心は神ぞつくらむ

20170911_125537

最近御製が変わっていました。

我が国は神の末なり神まつる昔の手振り忘るなよゆめ

臼井霊気療法の創始者臼井甕男は、明治天皇の写真を初めて見た時、その写真から放射される強力な霊気に衝撃を受けたそうです。そして、10万首近くの御製の中から125首を会員は心の糧とするように教えました。

和歌というと難しいイメージがありますが、今で言えば有名人のTwitter…日頃思っていることを短い文で発信している…そう思えば親しみを感じます。

「人生って思い通りにならないことばっかりだけど、あとで振り返るとそれが自分のためになってるよね」とか

「子供ってすっごく正直に表現する、ほんとに心がきれいだよね」とか

「親からみたら何歳になっても子供は子供」とか

あ、それそれ、あるある、っていうつぶやきが満載です。

日本人って昔からつぶやくのが上手かったのね。

201303121737000_2

レイキ実践者の視点から明治天皇の御製125首を解説したものです。500円

関連記事:雄々しい--明治天皇御製(白山比咩神社) 明治天皇御製(ぎょせい)

ホームページ LET'S REIKI

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

この世に偶然はない?

「偶然に見えて偶然ではなく、実は何かに導かれること」ってありますか?と質問されました。(偶然にもsign02)丁度考えていたことだったので、ここで書かせていただきます。
期待以上に物事がスムーズに運ぶとか、次から次へ出会いがあるとか、引き寄せの法則とか、確かにそういうことはあるかもしれません。でも何もせずにただ願えばそうなるのでしょうか。
「大いなるものに導かれる」には、条件があると思います。
レイキ実践者に分かりやすい例えを出すと、「五戒にそって生活していて、その上でとんとん拍子だったら、それは大いなるものの導き」だと感じています。
その反対に、「五戒から外れた思いを持っている」時の「とんとん拍子」は、その時はそれで都合がよくても、違う方向に向かっているのではないでしょうか。
「ああなればいい、こうなればいい」という「願い」が、実は単なる願いではなく、「ああでなければならない」という思い込みや、「こうなれば自分に都合がいい」という我欲が隠れている場合です。
それはとっても危険ですよーんhappy02danger エゴで引っ張り込んだ現象は、あとでゴタゴタを起こします。
(実はそのゴタゴタすらも導きなのですが、その話はいずれまた)
大いなるものの導きを呼んだのは、それまでに自分自身が続けてきた思いと行動なのです。この世に偶然はない、全て起こるべくして起こる…というのは、こういう意味だったのですね。
 
宇宙が全て「いいがにしてくれる」という自信と、常に自分を点検する謙虚さをもって進めば、宇宙は実にいい仕事をしていくれます。
と書いている私も、いつもいつもピュアなハートを持っているわけではなく、時々横道に逸れて周囲に迷惑をかけておりますcoldsweats01すまんのぉ
横道に行っていないか、点検の仕方はレベル3のテキストにも書いてあります。
「字を読んでお勉強するのが不得意な」あなた
そこのあなたのことですよsign03
フォローセミナーで練習できますので、お声をかけてください。 一緒に学んでいきましょう。スケジュールはTOP PAGE を見てください。他に都合がいい日があったら教えてね。おひとりさまから対応しておりますよ。

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

宇宙平安の祈り9 福島で

震災後に仙台に行ってから もう6年も経っていました今回現代レイキ東北のマスターが交流会や研鑽会を福島で企画してくれたおかげで、念願だった福島行きがかないました。

20170721_210707 

いつものリュックで、6年前と同じ夜行バス。半世紀ぶりのバス酔いで殆ど眠れず…bearing

20170722_040924

私が苦しい時も、夜明けはいつもと変わらぬ美しさconfidentfuji

20170722_063525

早朝の仙台駅から新幹線で福島へ。駅から会場までは福島のマスターが送迎してくれました。本当に有難い。

20170722_084419

無料のヒーリング体験会には地元の方々が(レイキ未経験者も)来てくださいました。私もちゃっかりヒーリングを受け、レイキの精妙な波動に包まれる安心感を味わいました。おかげさまでバスの疲れがとれました。

初めてのヒーリングでレイキに興味をもって、午後からの交流会にも参加してくれた方たちもいました。

20170722_123016

居酒屋での懇親会で飲んで食べて、福島の方たちと楽しいひと時。前回の仙台でも感じましたが、食べ物、自然、そして何より人が優しくて暖かい。

「震災以来、受け取るばかりで心苦しい」

福島の人たちがそんなことを感じていたなんて。何もできていないと私は感じているのですが…。

原発事故は物理的には福島で起きたことだけど、原因は私たち全員にあると思っています。目先の事ばかりに気を取られ、便利さだけを追求していた私たち。たまたま福島が代表して被害にあったのではないでしょうか。

震災の時は、不安な気持ちで遠隔を送るよりも、全宇宙の平安を祈ることをお勧めしました。「全宇宙」には被害のある無しに関わらず、「全て」が含まれます。もちろん自分自身もです。

ヒーリングに癒す人と癒される人の区別がないのと同様に、この祈りには祈る人と祈らない人の垣根がありません。福島で地元の人と一緒に宇宙平安の祈りを発信するのは、心安らぐものでした。

ぐっすり眠った翌日はレベル2以上の研鑽会。東京からNPO現代レイキの会の会長ちもさんが来て、ファシリテートしてくれました。全員参加型の大変内容の濃いものです。なぜヒーリングするのかという基本的な概念、オーラ浄化のやり方など、次回からの私のセミナーやヒーリング練習会にも反映していきたいと思います。

20170723_182902

ささやかながらお土産を買って「福島でお金を使う」という目的も果たせました。東北の名産品はネットでも買えます。クリックひとつで寄付できるものもあります。皆さんも、今できることを楽しみながらやってみてください。そしてそれを続けてください。

帰りは東北新幹線で大宮。北陸新幹線に乗り換えて金沢に着いたのは夜の10時30分でした。

とても楽しくて充実した二日間は、現代レイキ東北と地元の皆様を中心に、NPO現代レイキの会、ちもさん、札幌のマスターの増田さんなど、沢山の方たちが力を合わせた賜物です。福島で得たものを帰宅してからの日常に生かすことで、恩返しをしたいと思います。

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

癒す人と癒される人

毎月一回の滋賀県でのボランティアには、なるべく参加するように心がけています。

緩和ケア病棟ですから積極的な医療処置はしていませんが、スタッフの方々の明るく献身的な看護に、患者さんは「ここに来てから調子がいい」と喜んでいらっしゃいます。人と人との信頼関係が、心や体に与える影響はとても大きいのです。

先月も今月も、ヒーリングさせていただいた方々の話が止まりませんでした。

「レイキの事は分からないけど、楽になるなら何でもいい」…これがヒーリングを受けるきっかけなのですが、「この人は話しやすそう」と安心して、愚痴ったり笑ったりしているうちに閉じていた心が開いていくようです。

「手を当ててもらっているだけなのに、暖かくなってきた」「こんなこと誰にもしてもらったことがない」「生まれて初めてだ」「有り難い」「病気になったおかげやな」

そんなことを言っていただくと、私の方もとっても有難い。自分の胸やお腹の辺りを中心にして、あったかーい何かが広がっていくのが分かりましたsun

レイキのヒーリングは「ヒーラーが相手を癒す」のではなく、同じ癒しの場に一緒に存在して両方が同時に癒されます。そこに「癒す人」と「癒される人」の区別はありません。どちらも大きな家族の一員です。そしてどのような気づきと癒しが起こるかは、全て大いなるものに任せます。

「来月も来ますよ」と言うと「え、ほんと?」と嬉しそうなお顔でした。殆どの方がひと月以内に天に召されます。ご縁のある方とは何回か会うことがあります。どちらも場合も双方にとって、大きな気づきと癒しなのです。

20170713_082118
このリュックで色々な所に行ったな~。これからもよろしくね

ボランティア関連記事

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

英語でレイキ

通訳の翌日、大津のセバスチャンのお宅でレベル4のセミナーをしました。基礎知識から始めて約一年の間に、ご家族も交えて友好を深めていきました。おかげさまで、じっくりとエネルギーの交流ができたのかもしれません。お互いが徐々に変化していくのが分かりました。ま、要するに「とっても楽しかった」ということですnotes

アチューンメントだけで終わりという無責任な伝え方ではなく、「臼井霊気は対面により、人格の触れ合いの中で伝えるのが伝統である」と土居先生がおっしゃっている意味がここにあったのですね。

いつか英語でレイキを伝えたい、という「夢」があったはずなのに、「夢が叶ったバンザーイ」っていう感じではありません。あらら?

帰りの電車の中で気が付きました。英語でも日本語でもどっちでもよかったのです。本当の幸せを求めている人に、「現代レイキという簡単で楽しい方法があるんだよ」と、伝えられたら嬉しい…ただそれだけだったのです。そしてその人たちと穏やかで幸せな時間を共有できたら、それが私の幸せです。

これからも、ゆっくりじっくり伝えていきます。そして、いつまでもしつこくフォローしますよ。

20170612_sebastien_l4

お嬢さんへのお土産のメロンパンナちゃんでアチューンメントの練習したのはいいけど…メロンパンナちゃんの背中が小さすぎたぁhappy01

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

将来の夢

2007年6月に現代レイキマスターになって丁度10年経ちました。その間に多くの人と出会い、色々な所に行き、自分を見つめながら沢山の経験をしました…なのに、やったぁ~という感じはあまりありません。

達成感がない、というわけではないのです。いつもその場その場でできることをやっている、ただそれだけ。その積み重ねが今の状態、ただそれだけなのです。

将来のことも同じです。夢や計画があるわけではなく、その時にできることをやり続け、その積み重ねが5年なら5年後の、10年なら10年後の私になっているのだろうな、と思っています。

夢なさ過ぎじゃね?と自分で自分に突っ込むこともcoldsweats01

でも、そういうふうにしていると、その時の自分に「ちょうど良い」ことがやってくるのです。うまくしたものです。大宇宙の采配は、いつも「いい塩梅」で、「いい加減」です。

初めて海外から来た人に土居先生のセミナーを通訳したのが2010年でした。ドイニーズ(土居先生のジャパニーズ)の解読から始めて、それを中学レベルの実力で簡素な英語に置き換え、先生の言いたいことをどう表現したら文化の違う人たちに伝わるかを試行錯誤してきました。地味で終わりのない作業は今も続いています。

別の言語に置き換えるためには、元の言語で内容を理解していないと不可能です。おかげさまで現代レイキへの理解が深まったのは言うまでもありません。

先週末は、西洋レイキを学んだ夫婦がイギリスから来日したので、通訳をさせていただきました。

20170611

今回は急きょ依頼されたのですが、準備期間が短かった割にはうろたえなかったのも、今までの地味な作業とレイキ実践の賜物です。

無事に帰国した二人から丁寧なお礼のメールを受け取りました。初めての日本を十分に楽しめた様子です。2011年のデンマーク・セミナーで現代レイキマスターになったイギリスのJean(写真)を紹介しました。新しい友達の輪が広がると嬉しいなぁupそれが私の夢といえば夢かな?

Jean_jones_2011_denmark

| | コメント (0)

より以前の記事一覧