カテゴリー「英語English」の記事

2017年2月 9日 (木)

English

      P5251511_2

The Universe always sends us beautiful music.
Just dancing with its rhythm, we become happy.
When we are happy, people around us will be happy.

I am FUM I, a Gendai Reiki master in Hakusan City, Ishikawa.
Let's Reiki with me and live life full.

Flor a long time, people everywhere have used something invisible from human palm to cure disease and emotional pain.  In Japan, 臼井甕男 Mikao Usui started a unique system, 臼井霊気療法 the Usui Reiki Ryoho that uses this mysterious energy, Reiki, to heal body and mind first, and then to guide us to ultimate happiness. 

Being born in Japan, Reiki started travelling abroad via Hawaii.  Reiki is much more popular in abroad and the number of practitioners is estimated several millions.  Also, Reiki sessions are available as one of the complementary treatments in hospitals.

Finally, in 1980's, Reiki came back to Japan in the new style.  Now Western Reiki is much more popular than the originator, 臼井霊気療法学会 the Usui Reiki Ryoho Gakkai even in Japan.

現代レイキGendai Reiki gives us benefits from both streams. It is a simple and clear method for modern people.  

When the world is shifting from materialism to non-materialism, it is quite natural to practice Reiki in every day life.  You can heal yourself and contribute to society and the world.  I am ready to help you.

Reiki session (one-to-one) to relax.  Healer(s) puts hands on your clothes to send the energy.

-Tsuitachi Healing, the first of each month 9:30-12:00, 2,000 yen / 30 min in Tsurugi, Hakusan City

-On your preferred day, 3,000 yen / 30 min or 5,000 yen / 60 min  At your place (transportation from 1,500 yen) or in Tsurugi

Koryu-kai, gathering (group) to enjoy

-The 3rd Sunday of each month 13:30-16:30, 2,000 yen

Seminars (both private and group lesson) to practice

-On your preferred day, 10:00-17:00

--Level I    - two days: to heal yourself and friends and family

--Level II   - one day: to heal more people, from a distance, to the past and future

--Level III  - one day: spiritual development

--Level III  - one day: master course

--Follow-ups  - half a day or one day: on request

contact

↓translation
Interview with Hiroshi Doi Sensei Part I  
Interview with Hiroshi Doi Sensei Part II

↓re-translation
A Modern Reiki Method for Healing

|

2016年10月26日 (水)

現代レイキの国際イベント2016年 International Events of Gendai Reiki

今回も事を起こしたのはアメリカのオードリーとジェームズ

Again, Audrey and James started it.

自分たちの生徒に土居先生のセミナーを受けさせたい、と。

They just wanted to bring their students to Doi sensei

事前の手続きや宿の手配、通訳をお願いできますか、と。

and asked me to become their travel agency and translator.

14681656_10205457294230053_64826925

で、いつのまにやら話がふくらんで

Again, things became bigger,,,,

3日間のセミナーにはアメリカ、メキシコ、ドイツ、デンマーク、イギリス、ハンガリー、オーストラリア、そして日本在住の方も含めて、たくさんのレイキ実践者が来ました。

It turned out to be a huge project involving Gendai Reiki practitioners from USA, Mexico, German, Denmark, UK, Hungary, Australia, Algentine,,,

事前の準備は大変だったけど、とにかく自分にできることに集中

The preparation was confusing and required lots of work.  But just do it.

14718647_1208690499172082_856575240

ちょっと、時間が押してるわよ、早く次にいって!と思っていても…口には出しません、決してcoldsweats01

How could I say to my precious sensei, "Hurry up, Hiroshi. We're running out of time!"

14718892_10205457294590062_64720401

素敵な笑顔に励まされ、遠隔レイキを送ってもらい、ヘッドやハンドマッサージもしてもらい、英語のヘルプもしてもらい…例のごとく、いただけるものは全て受け取る素直な?私です。

Thank you for distant Reiki, head and hand massage, translation suggestions and above all, for your smile and laughter.

 14608821_1696418917352269_649320970 

4日目はマスター対象の研鑽会(NPO現代レイキの会主催)。ここでも沢山の笑顔に癒されました。英語を話せる日本人マスターたちも参加。

Day 4, Kensan-kai (Master training) was full of excellent energy. Let's learn and laugh together.

14702451_10205457293790042_90083590

 

去年10月のスペインでのセミナー通訳で助けてくれた郁恵さん。今年も誕生日をお祝いできました。

Happy birthday, Ikue.  We love you.

20161016_152430

現代レイキ法の国際交流会。各国のプレゼンテーションでは、みんなが一生懸命実践したり伝えたりしていることを感じました。日本も負けてはおれませんぞ。

International Koryu-kai (sharing), Gendai Reiki is so active in the world.

1509283_10200739927138824_187705613

2年前のオードリーと私 Audrey and me, 2014

14680771_10205503879114646_149845_2

同じ場所で今年もこんな感じ  2016 at the same place

さて次回は? What can I do for you next time?

 

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

昨日の私にありがとう

今週はご自宅に招かれてレベル2のセミナーを開き、受講生さんと一緒に自分の近未来にレイキを送る練習をしました。いつの自分にしようかなぁと考えて、帰りは大阪の母の所に一泊するので、彼女と一緒にいる自分にレイキを送ってみました。

夕方大津を出て、実家に着いたのは8時でした。動くのが段々おっくうになってきている母がどうにか二人分作って待っていてくれました。父のことを話しながら、楽しいひととき。翌日は母に代わって、猛暑の中の事務処理や買い出しで忙しく過ごしました。

その時突然、左の二の腕にドクンドクンと力強く、とても優しいエネルギーを感じました。あらまぁ、私からだわ。そうか、あなたのおかげね。やけに心が静かだわ。

遠く離れた場所や、過去や未来にレイキを送る時も、いつもの直接のヒーリングと同様に結果に集中しません。何も期待やコントロールをせずに、淡々とリラックスしてレイキの通路となります。昨日の私よありがとう。あなたって、中々いい感じの通路なのね(自画自賛)happy02

さて、日曜日はヒーリング練習会です。レベル2以上の方は遠隔の対象を決めておいてください。過去や未来にレイキを送ることも練習してみましょう。

参加者さんで、私が読んだ本(読まずに積んでいた本)に興味がある方はお持ち帰りください。誘導催眠のCDもありますが、あくまでも自己責任で行ってくださいね。前回は交流会で好評だったので第二弾です。

20160713_122318_2

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

What is Kokoro? 心ってなぁに?

The official name of Usui Reiki method is 心身改善臼井霊気療法 Shinshin Kaizen Usui Reiki Ryoho. 

One Kanji sometimes reads two ways.  心 reads Kokoro or Shin. 身 also reads Shin or Mi, meaning body.  When these two Kanji characters put together, we read it Shin-shin.

改善, Kaizen means improvement.  Usui Reiki method is not just a hands-on treatment; it is to improve both Kokoro and body.

"What then is Kokoro?" people who do not understand Japanese always ask me.

When I  revised the translation of 癒しの現代霊気法 Iyashi no Gendai Reiki Ho, I did not put it into English, as I wanted them to wonder what it is.

Kokoro means a lot; it can be translated in many English words.  For Japanese, Kokoro is Kokoro; we do not even think of what it means.  So you must guess it in context.

Most of the time it means mind, heart, emotion, feeling. It can mean intuition, soul, spirit, whole. It is love, passion, affection.  Sometimes policy, ideology, discipline, philosophy.

- Follow your Kokoro.

- Don't change your Kokoro easily.

- He has kind Kokoro. 

- My Kokoro is dark. 

- She doesn't show her Kokoro.

- I devoted my Kokoro to God.

- I made this for you with all of my Kokoro.

- When someone offers expensive gift, we humbly say no with this phrase; "Let me accept only your Kokoro."

- As a young child, you can not know your parents' Kokoro.

- The story moved my Kokoro. 

- This shows Kokoro of the Japanese tradition. 

- He understands Kokoro of tea ceremony.

In Madrid, Robert from Germany asked me the same thing; what is Kokoro?  I told him, "It means a lot," as usual. Then meditating for a while, I came up with an idea.   

"Kokoro represents everything invisible inside us."

What invisible thing do you have inside you?  Love? Passion? Spirit?

Let's Reiki to keep healthy Kokoro and body, and be happy.  That's what Usui Sensei wanted from the bottom of his Kokoro.

20151017_madrid_robert 

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

受講者さんのお宅で at student's home

ヒーリングや交流会で体験してからセミナーを受講される方もいますが、このブログを読んだだけで受講を決心してくださる方もいます。そんな方とも全くの初対面なのに、いきなりの「ぶっちゃけトーク」になることがよくあります。

大阪の実家に行った帰りに途中下車して、受講者の自宅でセミナーをしました。初回は基礎知識編、2回目でレベル1とそれぞれ一日たっぷりかけてお伝えしました。

琵琶湖の近くの自然に囲まれた静かで古風な日本家屋で、お昼は奥様の手作りのあんかけ焼きそばです。美味しかった~。食べながら私の打ち明け話?で盛り上がりました。

食後は近くの公園で尺八の演奏を聴かせてくれました。外国出身で様々な日本文化に興味を持ってチャレンジされている様子です。

実際の生活でどうやってレイキを使うか、「何もしたくない」ほど疲れていても「ヒーリングなんてめんどくさーい」と思わずにできる方法があります。奥様にも協力いただいて、例の添い寝ヒーリングをしてみました。

家族と触れ合う時は、そんなに頑張らないでください。ほんのちょっと手を当てて、お互いの暖かさを感じるだけでいいのです。頑張ってちゃんとやろうとすると、気が重くなるでしょ?「気軽に数多くやりましょう」ってテキストにも書いてありますよ。

それに、ヒーリングをすることで、自分の疲れも取れるし、気づきもあるのです。

思考や言葉は不要です。理屈も、そして感情すらも出し切って流してしまってください。ただただ感じる時間を大切に。

小さなお子さんが保育園から帰ってきて、家の中が急に華やかになりました。家族の若々しいエネルギーに浸って、私も幸せな時間を過ごしました。

英語でレイキを伝える時、確かに英語力はある程度必要ですが、レイキの本質をどれだけ理解しているか、何を伝えたいのか、それがしっかりと揺らがないことが何より大切--そんなことを確認した一日でした。

そして、プロのヒーラーではなく、ホーム・ヒーラーを増やしたいという気持ちもハッキリしました。ごく普通の人が、ごく普通の家庭で楽しく心豊かに過ごせるように、私には伝えたいものがあるのです。

Thank you for giving me such an opportunity.  I felt it is more important to be sure about what I want to say than a language skill. 

To contribute families and community I want to train 'home healers.'  Please use Reiki on every day basis. After a hard day at work and home, just relax and touch your loved ones. Have a happy time and good night. Someday you will find you become a totally new person.

20160516_101126

| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

マドリッド、マドリッド 4 再会と出会い

2010年、土居先生のセミナーを受けるために

アルゼンチンから40時間かけて来日したナタリアとペドロ 

あの時、芦屋市民センターの前で待つ二人に、遠くから手を振ると 

安心したのか、おもわず涙をこぼしたナタリアでした。 

別れの時は土居先生に抱きついて号泣。 

「日本人より日本人らしいですね」という先生の目にも涙が。 

通訳というお役目を初めて与えてくたのが彼らです。

お蔭様で、沢山の人たちと現代レイキの橋渡しができるようになりました。 

いくら感謝してもしきれません。 

あれから5年経って再会。

真ん中でつぶれているのが、ふたりの赤ちゃん。(かわゆいす)

純粋なエネルギーとラブラブさはあの時のままです。

P1200829_nati_and_pedro 

先生とのインタビューを記事にしたい、という

二人の お手伝いをして、少し恩返しができました。 

↓そして、今度も別れの時に、先生に抱きついて、涙、涙。 

20151017_madrid_nati_and_pedro_with

トリリー↓とは2010年にイタリアのトリエステで初めて会い、

翌年彼女が企画したデンマークの土居先生のセミナーで再会。

その後で寄ったトリエステでは同じ部屋に泊まり

ヒーリングしてもらいました。

2012年、彼女が来日した時はセミナー通訳をさせていただきました。

阪神電車、阪急電車でおしゃべりが止まらず、よく笑ったっけ。

あけっぴろげでユーモアがあり、大阪人のノリがあります。

今回も休憩時間にヒーリングしてくれました。

Sam_0244_trillie

ロシアのナジェージュダ(左端)↓は滑り込みでセミナーに参加 

「去年ロシアで会った時より変わったわね、フミ」と言われました。 

「どこが?」 

「う~ん、分からないけど、ニュー・フミになってる」

そうだね、自分でも少し感じてるよ。

そして、彼女が成長したって、確かに分かります。

20151015_171948_jean_and_nadezda

真ん中のジーン↑はスコットランドから参加。

デンマークで初めてあった時から

何度も英語の推敲を助けてもらっています。

いつも快く引き受けてくれるありがたい存在。

右端のロベルト↑はマドリッドで初めて会いました。

彼からの質問で、いいインスピレーションを得ました。

(これについては後日ゆっくり書きます)

ほんの短い出会いでも、そんなことってあるのですね。

パナマのポール↓も、生まれ変わっていましたが

現代レイキをどれだけ愛しているか

どれだけ純粋に実践しているかは、全然変わっていません。

セミナー直前までパワーポイントの英語を

スペイン語に訳す作業をしてくれました。

私の英訳の完成が遅くてごめんよ。

201510madrid_with_paul

2012年と14年に来日してアメリカで現代レイキを広めている

オードリーとジェームズ夫妻↓

頭の回転がよく行動が早いオードリー

いつも人を笑わせる反面、じっくり落ち着いているジェームズ

絶妙なコンビの二人は、既に来年10月の来日計画を立てています。

20151014_142821

今回の大イベントの企画者の申橋りかさん↓

私は通訳している時以外は口も頭も休められたけど

彼女は、四六時中働いていました。

本当にお疲れ様でした。

これだけ多くのスペイン語圏の実践者が集まるなんて

彼女がどれだけ愛されているかが分かります。

20151015_102939

陰で支えてくれたみゆきさん(左から2番目:スペイン在住)と

私の心強い助っ人、いくえさん(右端:ドイツ)↓

20151016_miyuki_ikue_doi_sensei

おっとそれから土居先生

80歳のお誕生日おめでとうございます。

いつまでもお元気でいてくださいね。

現代レイキに出会った私は幸せ者です。

本当にありがとうございます。

20151016_200542

普段はそれぞれの生活の場で、地道に実践しながら

時々沢山のいいエネルギーと交流することが、大切です。

色々な個性との出会いがあるからこそ

人生が幅広く楽しくなるし、自分の役割が自然と降りてくる

そんなことを実感した貴重な時間でした。

日本で応援してくださった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

マドリッド、マドリッド 1

ただいま~

無事に行って、役割を果たして、無事に帰ってきました。

皆様に応援やら遠隔レイキやらをお願いしていたので、

出国前から体中にシュワシュワ、ビンビンと

エネルギーを感じながらの一人旅。

関空の搭乗手続きで、「緊急時に英語かオランダ語で

フライトアテンダントとコミュニケーションできる健康な大人」

という条件に「もちろん!」とキッパリ答え(健康には自信あり)

非常口横の脚を伸ばせる席を無料で確保(ピンクの靴下は私よ)

20151013_135214

緊急時に自分の口から英語なんか出るかいな~と思いつつ

「何か飲みますか?」「結構です」程度の会話で終わりました。

帰りの飛行機のアテンダントは「ここに座ったことはあるか」

「緊急時にどうするか知ってるのか」と詰問してきたので、

「初めてなので分かりませーん」とぶりっ子しました。

下手に「知ってる」と答えた女性が

「火が出た時は、前に逃げるか後ろに逃げるか知っているのか!」

と追求されてしろどもどろに、、、オモロイ

20151013_160113

アムステルダムでの乗り継ぎは手荷物検査が厳しく、

ロナイン軟膏をとりあげられている日本人夫婦を目撃。

手荷物にドロドロやしゃばしゃばの物を入れていなかったので

私はチェックなしでした。

マドリッド空港には夜7:30頃到着

タクシーにホテルの名を言っても、場所が分からない様子。

プリントアウトした予約表を見せると、「ガッテン承知」とばかりに

カーナビつきのとてもきれいな車で、連れて行ってくれました。

空港から30ユーロという規定料金を払い(超過、チップなし)

カタカナで書いておいた「オフィシャルなレシートを頂戴」

というスペイン語も通じた!!ちなみに英語は通じない。

8月に芦屋で通訳をしたルーマニアの夫婦

ドリッド郊外での現代レイキのワークショップと交流会に参加し

私とすれ違いで帰国していました。

帰りがけ、フロントにちょっとしたお土産と、

夫婦の写真を預けていてくれました。

デジタル写真に慣れていると、こんな紙の写真が嬉しく感じます。

20151025_092222

おかげさまで、旅の疲れが癒されました。

ようやく長い一人旅も終わりです。

NPO現代レイキの会の会長ちもちゃんから電話がかかり

地元の主催者と日本のNPO理事さん達との打ち上げに参加。

ワークショップと交流会お疲れ様でした。かんぱ~い

「ふみさんに会えてほっとした」と

主催者のりかさんに言われて光栄です。

近所にある本屋さんみたいなレストランで

スペイン人は夜が遅いとは本当。

終わったのが12時を過ぎて

私の体内時計は深夜どころか朝になっていました。

20151013madrid_2

つづきは次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

遠隔レイキを受け取って

芦屋の土居先生のセミナーを受講しに

ひと組の夫婦と2人の男性の計4人が

遠くルーマニアからやって来ました。

「ハンガリー人だけど今はルーマニアに住んでいます」

と言われてすぐに世界地図で正確な場所がでてきますか?

それぞれの首都が言えますか?

(;´д`)トホホ…

先週は、彼らのために英語通訳をしてまいりました。

依頼が来ると、いつも数週間前から準備に入ります。

前月に先生の新しいギャグを仕入れに行くこともありますsmile

スキマ時間に自作の虎の巻に改善を加えていきます。

そして、運転中に録音を聞きながらシュミレーションします。

二日間ぶっ通しでしゃべるので、気力体力がないとできません。

この際みんなにお願いしちゃえ…ってことで 

現代レイキ実践者やマスターに遠隔レイキを送ってもらいました。

三夏さんが トリエステ(イタリア)のマスターにも依頼してくれました。

遠隔であろうと直接であろうと、ヒーリングには変わりありません。

結果は全て大宇宙に任せきります。

私の通訳が大成功する、という設定でレイキを送る人はいませんでした。

さすがですね。

え?そんなことまで分かるの、FUMIさん?

えへへ、時折ことばに詰まってたからですよ。

もっと勉強しよう、と思いました。

でも、「今現在の」自分の実力を十分に出し切り

焦らず淡々とつとめを果たすことができたので

終わったあとは爽やかでした。

もし遠隔レイキを頼むだけで簡単に成功するなら

私は努力を止めてしまいます。

終わったあとの満足感もないでしょう。

ただの高慢なおばちゃんになってしまいます。

英語やレイキへの愛、依頼者への誠実さも失うかもしれません。

私が更にやる気を出すように

大宇宙は絶妙のさじ加減で導いてくれます。

それには到底逆らえません。 

そうだ、神様に頼んだからだよね。

しかも、サインは分かりやすくお願いね…と付け加えて。

楽しいことやる気がでること、それがサインなんですね。

あ~、分かりやすっ!

201508092

写真を撮るゆとりがないでしょう、と

通訳中の様子を写して送ってくれたマスターもいます。

今回は珍しく日本人の受講者さんが少なかったので

4人がゆったりと机に資料を広げて受講できました。

彼らのアチューンメントの練習も

日本の皆さんが快く手伝ってくださいました。

 

20150809_2

無事終わって笑顔、笑顔

ルーマニアに帰国してからゆっくり復習します、ということでした。

ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

TOP PAGE

英語に関する記事 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

ロシアは近くて遠い…そしてやっぱり近い国だった

ロシアでセミナーをする土居先生と奥様に随行してきました。詳しくは土居先生のHP>つれづれの記>2014年7月をお読みください。

P62146442

20140622_174726jpg 

モスクワのセミナーは由緒ある建物の一階にあるチャイルドセンターで。レイキ実践者のエネルギーは国や老若男女の違いなく、穏やかで慎ましい。手前は娘さんのアパートを貸してくれたターニャ。移動の時はいつも運転してくれました。彼女のお父さんは私の通訳を、一番前で身を乗り出してニコニコしながら聞いていました。英語がわかるのかな~と思ってたら、全く分からないとか。可愛いサンタさんのような人でした。

20140628_130819

工業都市チェリャビンスクでのセミナー。土居先生に会えて、みんな嬉しそう。二都市で4日間の通訳も無事にこなすことができました。皆さんの応援のおかげです。

P6204559

皇帝の別荘。ネパールからも男女三人が受講しにきていました。デパック君は3日でホームシックに。

P6244663

P6244738

皇帝はあちらこちらに贅を尽くした宮殿を建てています。ヨーロッパへの憧れが強かったそうで、色々な芸術や技術を取り入れています。女帝は毎日ドレスを着替えていたとか。

20140630_

チェリャビンスクから40数名が11台の車に分乗して、カザフスタンの国境近くまで、およそ500km南下。行けども行けども何もない。山がない、川がない、木がほとんどない。水がない。トイレがない。馬糞に注意しながら大地で用を足しました。金の装飾が眩しい宮殿と大自然の生活と両方体験し、これまで観光にはあまり興味のなかった私に、ロシアは新鮮な喜びをくれました。

20140630_183035

素晴らしいエネルギーを味わえるということで、連れていかれた場所のひとつ、「愛の丘」。国や環境が違えど、老若男女の違いがあれど、貧富の差があれど…つまるところは愛。皇帝だから幸せだとか、不幸せだとか、そんなことはないのです。心の中に愛があるかどうか、それが幸せを決める。そんなメッセージを受け取りました。

20140701_080437

その夜ロッジに泊まって、ふと上を見上げると…鈍感な私のために天からのメッセージが再び。分かりやすいのが嬉しいね。

20140701_2059592 20140701_200329

ロシアでは家族親戚ぐるみでレイキを実践している人が多いのが特徴。全員で協力して私たちのお世話をしてくれました。往復1,000km以上の強行軍中も殆ど上機嫌で車内を和ませてくれた3歳の女の子。帰りのガソリンスタンドでおもちゃを買って私たちにプレゼントをしてくれました。お母さんは妊娠中にレイキを教えていたそうです。後ろで仕事をしているのは英語→ロシア語の通訳ナジェージュダ。彼女の娘さんもレイキ実践者です。大役本当にお疲れ様でした。

20140628_1413202

土居先生に是非見せたいと、生まれたばかりのレイキ・ベビーを連れてきたお母さんとおばあちゃん。

20140703_151424 

ナジェージュダの妹一家が、最後の朝、アパートまで別れを惜しみに来てくれました。

私が子供の頃は国交がなく、ロシアは遠い国でした。ほんのひと握りの政治家たちの主張が食い違うだけで、そこに住む普通の人たちも、遠い人種のような気がしていました。実際に行ってみて、人はみな同じ--いやむしろ恥ずかしがりなところが日本人に近いと感じました。

色んな人が色んな環境でレイキを使っている。どう活用するかは、環境によって少しずつ違うかもしれない。でも、それでいい。目指すところが愛ならば、そう、それでいいんだ…時差ボケと白夜ボケ、そして浄化期間を消化しながら、そんなことを思うこの頃です。

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

A Modern Reiki Method for Healing 3

前回より

「もちろん出版したいです」と返事をもらった後

先生とウイリアムとのメールのやり取りが続くうちに

(とくに「あとがき」を書いている最終段階あたりから)

徐々に本自体がひとりでに成長していきました。

翻訳者は筆者と読者を繋ぐ純粋なパイプという存在

自分で何かをコントロールして、文意を変えてはいけません。

大宇宙のエネルギーをそのまま中継するレイキ・ヒーリングと同じです。

筆者の文意に意識を合わせ、自分を無にするのは興味深い作業でした。

ただちょっとだけイタズラもしています。

「波動」と「心」のふたつの日本語を日本語のまま伝えてみました。

実践者は、純粋なレイキ波動 hado と創始者の心 kokoro を保つべき

なぁんて偉そうなこと、最初から企んでいたわけじゃーないんですが

結果的にそうなっていました。

そうそう、本文やあとがきにお宝写真が隠れているんですよ。

だから、英語が分からない人も楽しめるハズ?ふふふ

 … … … … …

「ネイティブが最終的な英語のチェックはするけど

最初の文調を生かします」と言われていたので

中学生並の単語力と、数年間のうつ病生活で

縮みきっていた脳(?)を振り絞る毎日でした。

たった2-3行の日本語のためにストップしたまま

気づいたら日が暮れて、家人が帰っても夕食なし

なんてこともよくありました。(^_^;)スマン

よくよく思い返してみれば…私の成長のために

宇宙が周りの人たちを動かして、道を準備してくれたんだな

私はただ、ヒーハー、ウロチョロ、ノロノロと

それを辿ってきただけなのかもしれないなぁ

土居先生、編集出版社、私をレイキに導いてくださった方々

レイキの仲間、友人、家族に「心から」感謝します。

本当にありがとうございました。

Click for Detail 在庫あります 2,500円税込

Reiki healing and translation are much alike; translator must be a pure pathway between the writer and reader. But I 'intentionally' put more Japanese words and Kanji than original translation, especially the two words, hado and kokoro; we must preserve the pure energy, 波動 hado from Usui Sensei and his spirit, 心 kokoro. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)